メディア

「コロナ後に行きたい旅行先」人気ランキング! アジアの人が選んだ1位は「日本」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本政策投資銀行と日本交通公社は新型コロナによる旅行需要の影響を調査した「第2回新型コロナ影響度特別調査」(2020年調査実施)を発表しました。今回は調査結果をもとに、「アジア居住者が次に行きたい国・地域の人気ランキングTOP20」を紹介します。

 なお、各順位の()内の数値は、海外旅行希望者が次に行きたい国と地域として、選択した割合を示しています(各回答者最大5つまで)。

(出典元:日本政策投資銀行・日本交通公社「第2回新型コロナ影響度特別調査」

advertisement

第3位:台湾(30%)

画像は「Pixabay」より引用

 第3位は台湾でした。30%のアジア居住者が次に行きたい国として選んでいます。

 台湾は屋台グルメが楽しめる「士林(しりん)夜市」や、地上101階建てで高さ500m超えの超高層ビル「台北101」、初代中華民国総統・蒋介石を記念した「中正紀念堂」など、観光スポットが満載のエリア。日本(東京)からは4時間程度で行けるため、日本人のプチ旅行にもピッタリです。

advertisement

第2位:韓国(42%)

画像は「写真AC」より引用

 第2位は韓国でした。42%のアジア居住者が次に行きたい国として選んでいます。

 韓国は焼肉をはじめ、サムゲタン、サムギョプサルなど、日本人にも馴染み深いさまざまな料理を楽しめる国。ホットクやタッカンジョンなどのB級グルメも、訪韓の際には満喫したいところです。日本からは2時間程度で行くことができるため、台湾同様プチ旅行にピッタリですね。

advertisement

第1位:日本(67%)

画像は「写真AC」より引用

 第1位は日本でした。67%のアジア居住者が次に行きたい国として選んでいます。

 同調査によると、観光地としての日本の魅力は「食事」や「治安」「清潔さ」などでした。また、東アジアの居住者からは「買い物」が、東南アジアの居住者は「観光施設や観光地」が高く評価されています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.