メディア

【ガンプラ】あなたが一番好きな「MG Ver.Ka(バージョンカトキ)」のガンプラはなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するモビルスーツ(MS)をプラモデルにした通称「ガンプラ」。スケールやコンセプトの異なるさまざまなブランドがある中で、メカデザイナーであるカトキハジメさんがプロデュースしているのが、「MG Ver.Ka[マスターグレード バージョンカトキ]」と呼ばれるブランドです。

 この「MG Ver.Ka」はその名の通り、別のデザイナーが手がけたMSや自身が描いたMSをカトキさんがリデザインしたうえで立体化させたもので、いわゆる“カトキメカ”の魅力がつまったシリーズとして高い人気を誇っています。

 そこで今回は、「MG Ver.Kaのガンプラ」についてアンケートを実施します。あなたが一番好きなVer.Kaのガンプラにご投票ください! それではまず、数あるラインアップの中から、3つのガンプラを紹介しましょう。

advertisement

MG 1/100 RX-93 νガンダム Ver.ka

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場する「νガンダム」を、カトキさんが独自の解釈によって新たに描き起こしたガンプラです。その大きな特徴は、「機動戦士ガンダムUC」のユニコーンガンダムのデザインを応用し、νガンダムの構造材として使用されている「サイコフレーム」が装甲の隙間から露出した状態を再現できることでしょう。これにより、緑色に輝くサイコフレームが美しく、非常にスタイリッシュな仕上がりとなっています。

advertisement

MG 1/100 MSN-04 サザビーVer.ka

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場するνガンダムのライバル機「サザビー」です。とても重量感のあるどっしりとした印象のプロポーションに仕上がっており、カトキさんがデザインしたオリジナルのマーキング・デカールが付属します。また、指の全関節が可動したり、各部装甲を展開することで内部のフレームやメカ部が露出したり、 さらに塗装をしなくても金属の質感を楽しめる新素材を採用するなど、ギミックや素材にもこだわっています。

advertisement

MG 1/100 ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」に登場した「ウイングガンダムゼロ」です。EW版のウイングガンダムはカトキさん自身がデザインしていることもあり、今回の立体化に当たってはカトキさんの全面的な監修のもと、完全新規造形となりました。天使の翼のような特徴的なウイングバインダーは、デザイン性とギミックを両立させフレキシブルに可動。プロポーションにも非常にこだわっているほか、MGとしては初となるEW版ネオバード形態への変形ギミックも採用されました。

advertisement

まとめ

 ここまで、「MG Ver.Ka」の中から3つのガンプラを紹介しました。選択肢には、バンダイのホビーサイトに掲載されているラインアップを中心に、チタニウムフィニッシュ版などのバージョン違いや「MGEX 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka」を含めた、「Ver.Ka」シリーズのガンプラ35種を用意しています。あなたがガンプラとして最も魅力的だと思うものにご投票ください。

 また、もし選択肢以外の「Ver.Ka」のガンプラに投票したい場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄にガンプラの商品名と投票理由をお願いします。ほかにも、各ガンプラの好きなポイントや、カトキさんのアレンジによるデザインの魅力などもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

あなたが好きなMG Ver.Kaバージョンカトキのガンプラは?
合計:714票
実施期間:2021/11/25〜2021/12/01
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.