メディア

「住み続けたい九州・沖縄の街」ランキングTOP10! 第1位は沖縄県の「中頭郡北谷町」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大東建託は、九州・沖縄エリアに住む20歳以上の男女を対象に実施した居住満足度調査の結果をもとに、「いい部屋ネット 街の幸福度&住み続けたい街ランキング 2021<九州・沖縄版>」を発表しました。今回はその中から「住み続けたい街(自治体)ランキング」の結果を紹介します。

 なお、このランキングは2020年から2021年までの回答を累積して集計しており、回答者数50人以上となった自治体がランキングの対象となっています。

advertisement

第3位:熊本県合志市

 第3位は熊本県の「合志市(こうしし)」でした。熊本県北部に位置する街で、市の北部には阿蘇山の火山灰を由来とする火山灰性腐植土に覆われた農地が広がり、県内でも有数の穀倉地帯となっています。また、市の南西部は熊本市に隣接していることから、熊本市へのベッドタウンとして人口も増加傾向にあるそうです。

advertisement

第2位:大分県速見郡日出町

 第2位には大分県の速見郡に属する「日出町(ひじまち)」がランクイン。別府湾に面する国東半島の南端部に位置する町で、近年は大分市や別府市など近隣都市部のベッドタウンとして人口増加率が大きく伸びています。また、同町には「大分むぎ焼酎二階堂」で知られる二階堂酒造の本社があるほか、別府湾でとれるマコガレイが「城下かれい」として全国的なブランドになっているなど、産業も盛んです。

advertisement

第1位:沖縄県中頭郡北谷町

 第1位は、沖縄県の中頭郡(なかがみぐん)に属する「北谷町(ちゃたんちょう)」でした。町内には、県内唯一という観覧車がランドマークとなっているアメリカンビレッジがあり、大規模な商業施設や娯楽施設が集まっているため、地元県民や観光客など多くの人が訪れています。なお、同町は「住み続けたい沖縄県の街」ランキングでも同じく1位を獲得しており、沖縄県内だけでなく九州地方を含めた広いエリアでも高い人気を誇っていることがわかります。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.