メディア

「ホテル宿泊客満足度」ランキングTOP13! 1位は「スーパーホテル」【エコノミーホテル部門】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 顧客満足度に関する調査・コンサルティングを行っている「J.D. パワー ジャパン」は、「2021年ホテル宿泊客満足度調査」の結果を発表しました。コロナ禍によりホテル業界は大打撃を受け、宿泊客数は大幅な落ち込みが見られたものの、その一方で、ホテル宿泊客の総合満足度はコロナ前と比べて大きく向上しました。

 この調査は直近1年以内にホテルに宿泊した人を対象に、総合的な顧客満足度に影響を与えるファクターを設定し、各ファクターの詳細評価項目に関するユーザーの評価をもとに1000ポイント満点で総合満足度スコアを算出したものです。

 今回は「エコノミーホテル部門(正規客室料金9000円未満)」のランキングを見ていきましょう。

(出典:J.D. パワー 2021 年ホテル宿泊客満足度調査

advertisement

第3位:コンフォート

画像は「コンフォートホテル東京東神田」より引用

 第3位は「コンフォート」でした。日本全国に70以上のホテルを構える「コンフォート」は、一人ひとりが自由な時間を過ごせるくつろぎの空間。寝具メーカーと共同開発したオリジナルの枕「チョイス ピロー」を全室に導入し、その他の寝具にもこだわり、心地よい睡眠でお客さまの旅をサポートしています。

advertisement

第2位:ヴィアインホテル

画像は「ヴィアイン東銀座公式サイト」より引用

 第2位はJR西日本グループの「ヴィアインホテル」でした。東京・名古屋・関西・北陸・中国地方に全国27ホテルを展開しており、そのすべてが駅から徒歩5分以内という好立地。ビジネスや観光の拠点としてフル活用することができます。今回の調査では「客室」ファクターで最高評価を得ました。

advertisement

第1位:スーパーホテル

画像は「スーパーホテル品川・青物横丁公式サイト」より引用

 そして第1位は「スーパーホテル」でした。LOHASをホテル運営の基本コンセプトとし、自然を活用した室内環境や有機野菜をはじめとしたオーガニック食で、体の中からも外からも健やかにしてくれます。スーパーホテルは7年連続(2020年はコロナ禍のため未調査)の総合満足度第1位を獲得しており、今回の調査では「チェックイン/チェックアウト」「料金」「ホテル施設」「ホテルサービス」の4ファクターで最高評価を得ています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.