メディア

『新宿スワン』の登場キャラクターで一番好きなのは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 現在、『週刊少年マガジン』において大人気漫画『東京卍リベンジャーズ』を連載中の和久井健さん。その和久井さんが、『週刊ヤングマガジン』にて、2005年から2013年まで連載していたのが『新宿スワン〜歌舞伎町スカウトサバイバル〜』です。元スカウトマンの経験をもとにスカウト社会の裏表を描いた作品で、テレビドラマ化や2度の映画化もなされ、熱狂的な人気を集めました。

 今回は、そんな『新宿スワン』で一番好きなキャラクターは誰か、アンケートを実施します! クセの強い人物が多数登場しますが、ぜひお気に入りの1人に投票して下さい。まずはメインキャラクターのうち4人を紹介します。

advertisement

白鳥龍彦

 通称タツヒコと呼ばれる主人公の「白鳥龍彦」。金髪でボリュームのある天然パーマが特徴的です。歌舞伎町でパチンコに負け、一文無しとなっているところを、スカウト会社「バースト」のスカウトマン・真虎に勧誘され、スカウトの世界に飛び込みました。

 単純で後先を考えずに突っ走ってしまったり、勘違いしたりすることも多い一見軽率な性格。一方で、女性や後輩を守るために奮闘し、人道に背いた物事を嫌うという、筋の通った熱い一面があります。また、誰かを守ったり助けたりするためにと体を鍛えており、並みのスカウトマンなら一掃できるほどの喧嘩の腕も持っています。

advertisement

真虎

 タツヒコを出会ったその日にスカウトの世界に引き込んだ、バーストの幹部である敏腕スカウトマン「真虎(まこ)」。白っぽい髪の毛を短く刈り上げたヘアスタイルや、瞼と上唇にある傷が印象的です。

 洞察力に長けていたり、相手にカマを掛けるのが得意だったりと駆け引き上手で、バーストの社長や他のスカウトマンからも一目置かれる切れ者です。タバコ好きでもあり、お気に入りの銘柄はセブンスター。

advertisement

関玄介

 元ヤクザの武闘派で、社員から恐れられているバーストの幹部「関玄介」。黒髪でオールバックの長髪にメガネがトレードマークです。ガサツで喧嘩っ早い性格のため、「狂犬」と呼ばれています。しかしながら、タツヒコのことを普段「タチュヒコ」と呼ぶなど、少しお茶目なところも。

advertisement

南ヒデヨシ

 バーストに吸収合併された会社「ハーレム」出身の「南ヒデヨシ」。本名は古屋ヒデヨシで、黒髪のオールバックにイヤリングが特徴のスカウトマンです。先輩を押しのけてまで幹部にのし上がろうとする野心家で、敵を作りやすく、スカウトの手法も強引さが目立ちます。タツヒコを異様なほどライバル視し、しばしば見下した態度をとります。

advertisement

あなたが一番好きな新宿スワンのキャラクターは?

 選択肢には、『新宿スワン』に登場するキャラクター86人の名前を挙げています。もしリストにない登場人物に投票したいという場合は、「その他」を選択しコメント欄にキャラクター名を記入してください。たくさんのご参加と、それぞれのキャラクターにまつわるコメントなどもお待ちしています!

新宿スワンの登場キャラクターで一番好きなのは?
合計:140票
実施期間:2021/12/03〜2021/12/10
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.