メディア

「まんじゅう」がおいしいと思う都道府県はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 小麦粉などの生地であんこを包んだ「饅頭(まんじゅう)」。あんこのおいしさを存分に味わえる蒸し菓子で、和菓子の定番として長年愛されてきました。日本では各都道府県に、それぞれ特色あるご当地の饅頭があります。

 そこで今回は「『饅頭』がおいしいと思う都道府県はどこ?」というアンケートを実施します。地元や旅行先、お土産などで、今までに饅頭がおいしかった都道府県をぜひ教えてください! まずは編集部がピックアップした3つを紹介します。

advertisement

福島県

画像は「写真AC」より引用

 「福島県」で有名な饅頭といえば「柏屋 薄皮饅頭」。日本三大饅頭の一つに数えられ、福島のお土産の定番となっています。名前の通り薄い皮が特徴で、食べやすいサイズ。黒糖を混ぜ合わせた生地に、ほどよい甘さのあんをたっぷりと詰め込んでいます。

 福島県郡山市にある柏屋は、1852年創業、160年以上もの歴史がある老舗です。創業者の初代・本名善兵衛が奥州街道の郡山宿で茶屋を始め、そこで茶菓子として出したのが薄皮饅頭でした。薄皮饅頭は奥州街道の名物となり、現在でも変わらぬ人気があります。

advertisement

東京都

画像は「御菓子老舗 塩瀬総本家」公式サイトより引用

 「東京都」では「塩瀬総本家 志ほせ饅頭」が有名。こちらも日本三大饅頭の一つで、北海道音更町の小豆にこだわり、大和芋を合わせた生地であんを包んだ上品な甘さの薯蕷(じょうよ)饅頭です。その他にも歴史ある和菓子店が多いエリアです。

advertisement

岡山県

画像は「大手まんぢゅう」公式サイトより引用

 1837年創業の「大手饅頭伊部屋」が手掛ける「大手まんぢゅう」は、「岡山県」の定番土産。前述で紹介した2つの饅頭と、この大手まんぢゅうを合わせて日本三大饅頭といいます。

 大手まんぢゅうは当時の備前藩主にたいそう気に入られ、茶会の席で重宝されたそうです。岡山県倉敷市には「大手まんぢゅうカフェ」があり、そこでは蒸したての大手まんぢゅうが食べられます。

advertisement

「饅頭」がおいしいと思う都道府県はどこ?

 今回のアンケートでは47都道府県すべての饅頭が投票対象となります。その中から、あなたが好きな饅頭にご投票ください! みなさんのご投票お待ちしております!

画像は「写真AC」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.