メディア

「日本の航空会社」であなたが一番好きな会社はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「年末年始は旅行を楽しみたい!」そんな人の心強い味方となるのが旅客機。特に遠方へ旅行に行く際は、時間短縮もはかれて交通手段として便利です。最近は早割などの特典を使えば、新幹線よりもお得に乗れる便も少なくありませんよね。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな日本の『航空会社』は?」というアンケートを実施します。数ある日本の航空会社の中で最も好きな会社を教えてください! まずは3つの会社をピックアップして紹介します。

advertisement

日本航空(JAL)

 「日本航空(JAL)」は鶴のマークでおなじみの日本で最も歴史ある航空会社。細部まで行き届いたサービスが特徴で、航空会社の格付け調査を長年行っているスカイトラックス社が毎年実施している「ワールド・エアライン・アワード」では、毎年上位の常連となっており、2021年は5位に評価されました。

 現在のロゴである「鶴丸」マークは、もともと1959年から2002年まで使用されていたものを、経営破綻後の2011年から再び採用したもの。創業当時の精神へ立ち返り、挑戦を続けるという決意が込められており、かつての鶴丸とは微妙にデザインが異なっています。

advertisement

全日本空輸(ANA)

 JALと並ぶ日本の老舗航空会社「全日本空輸(ANA)」。前述の「ワールド・エアライン・アワード」では常に上位にランクインし、2021年はJALよりも上位となる3位に輝きました。「あんしん、あったか、あかるく元気!」をスローガンに、高レベルのサービスを乗客に提供しています。

 現在は濃い青の「トリトンブルー」と薄いブルーの「モヒカンブルー」が印象的なシンプルなロゴが使用されていますが、旧ロゴの「翼の付いた不思議な物体」を覚えている人もいるのでは? この物体は、レオナルド・ダ・ヴィンチが考案したヘリコプターの構想図で、ANAの前身がヘリコプター会社であることに由来しています。2009年から2014年まで「モヒカンジェット」と呼ばれる塗装デザインを復刻させた飛行機と共にロゴも再登場し、空港などで目にした人もいるのではないでしょうか。

advertisement

スカイマーク(SKY)

 「スカイマーク」は日本を代表する格安航空会社で、1996年に創業されました。「飛行機は便利だけど高い」というイメージをくつがえし、ANAやJALより価格が安い便を数多く生み出した、日本における格安航空の先駆者といえる会社です。

 「格安航空」というと、値段の代わりにサービスは今ひとつという印象を持つ人もいるかもしれませんが、スカイマークは高い顧客満足度を誇り、日本はもちろん海外の観光客からも高い評価を得ています。2015年に一度、経営不振から民事再生法を申請しましたが、2017年度から2020年度まで4年連続で定時運航率1位に輝くなど、華麗に復活しました。

advertisement

あなたが一番好きな「日本の航空会社」は?

画像は「写真AC」より引用

 日本の航空会社から、3社を紹介しました。このほかにも、「AIRDO」や「ソラシドエア」「スターフライヤー」など、さまざまな航空会社がありますよね。今回のアンケートでは全部で24の航空会社が投票対象としています。その中で、あなたのイチオシの航空会社にご投票ください! それではアンケートへのご協力、よろしくお願いします。

あなたが一番好きな日本の「航空会社」は?
合計:4262票
実施期間:2021/12/04〜2021/12/10
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.