メディア

「アサシン クリード」シリーズで一番好きなのは?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 フランスのユービーアイソフトによって産み出された「アサシン クリード(アサクリ)」シリーズは、平和を守るためアサシンとして暗躍するゲームです。ステルスゲームの枠にとどまらずアクションもハイクオリティで、多彩なゲーム性が魅力となっています。

 今回は、そんな「アサクリ」シリーズのNo.1を決めるアンケートを実施します。ゲームだけでなく、小説、映画、コミックと大きくメディア展開されている「アサクリ」。アンケートでは、ゲーム作品(本編12作品とスピンオフ11作品)が投票対象となります。それでは、代表的な作品をピックアップして紹介しましょう。

advertisement

アサシン クリード

 2007年に発売された記念すべきシリーズ第1作です。日本では売上げが約10万本を超えるヒットとなりました。圧倒的に美しいグラフィックで描かれた世界を自由自在に駆け回ることのできる完成度の高いゲーム性に、当時のゲーマーは度肝を抜かれたものです。アサシン教団に関する緻密な設定や「第3回十字軍」という時代設定も、とても新鮮でした。

advertisement

アサシン クリード IV ブラック フラッグ

 2013年に発売された作品です。これまでの主人公デズモンド・マイルズを主人公とした物語が一段落したところで、新たな物語としてスタートした本作は、18世紀初頭のカリブ海が舞台となっています。有名な歴史上の海賊も数多く登場するので、パイレーツ好きにはたまらない世界観と言えるでしょう。

advertisement

アサシン クリード ヴァルハラ

 2020年発売のシリーズ最新作で、今回の舞台は9世紀のヨーロッパ。プレイヤーは主人公エイヴォルを操作し、ヴァイキングの一団を率いて新天地イングランドを目指します。「オリジンズ」「オデッセイ」を経た本作は、アクションRPGとして進化した名作。操作性や世界観、グラフックの美しさ、探索の面白さなどで多くのプレイヤーを唸らせ、シリーズ最多となる初週売上げを記録しています。

advertisement

あなたが一番好きな「アサクリ」は?

 「アサクリ」はきっとシリーズの中でも好みが分かれるのではないでしょうか。歴史好きや観光好きの人なら、舞台となった国によって好みが変わるかもしれません。シリーズに対する熱いメッセージもお待ちしております。

アサシン クリードシリーズで一番好きなのは?
合計:2306票
実施期間:2021/12/07 00:00 〜 2021/12/13 23:59
投票は締め切りました
画像は「Amazon.co.jp」より引用

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.