メディア

【NHK】「第72回NHK紅白歌合戦」の白組出場者で好きなのは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大みそか恒例のテレビ番組といえば、「NHK紅白歌合戦」。1951年に放送がスタートし、2021年で72回目を数えます。2021年は紅白合わせて43組のアーティストの出場が決まっており、そのうち10組が初出場となりました。

 そこで今回は、「2021年の紅白歌合戦の白組出場者で好きなのは誰?」というテーマで人気投票を実施します。お気に入りのアーティストがいる方は、ふるって投票にご参加ください。それではまず、白組の出場者から3組をピックアップして紹介します。

advertisement

KAT-TUN

 現在は亀梨和也さん、上田竜也さん、中丸雄一さんの3人で活動を続けるジャニーズグループ「KAT-TUN」。2001年に6人で結成され、2006年に「Real Face」でCDデビューを果たし、ミリオンヒットを記録しました。活動休止などを挟みながら、現在も精力的に活動を続けています。

 しかしながら、紅白歌合戦に出場するのは今回が初めて。デビュー15周年にして初出場という意外な事実に、ネットでは驚きの声が上がっていたそうです。そんなKAT-TUNが、デビュー15周年の集大成として当日どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、注目ですね。

advertisement

King & Prince

  5人組のジャニーズグループ「King & Prince」は、2015年に「Mr.King vs Mr.Prince」というグループ名で結成。2018年に現在の名前に改名し、「シンデレラガール」でCDデビューを果たしました。

 NHK紅白歌合戦には、4年連続で出場中。初出場となった第69回では「シンデレラガール」、第70回では「King & Prince 〜紅白スペシャルメドレー〜」を披露しました。2020年の第71回では「I promise」でトップバッターを務めたほか、特別企画「紅白ディズニースペシャルメドレー」で「星に願いを」を歌唱。2021年はどのようなステージとなるのか、紅白での活躍に期待が高まります。

advertisement

BUMP OF CHICKEN

 「BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)」は、4人組の人気ロックバンド。「バンプ」などの愛称で親しまれており、2001年にリリースされたシングル「天体観測」の大ヒットにより、全国的な知名度を得ました。そんなバンプは、2015年に紅白歌合戦の初出場を果たし、同日開催されていた「COUNTDOWN JAPAN 15/16」の会場から生中継で登場しました。

 2021年は結成25周年を迎えたほか、連続テレビ小説「おかえりモネ」で主題歌を担当するなど、話題に事欠かない年だったといえるでしょう。そんなバンプによる6年ぶりの紅白歌合戦での演奏を、今から楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

advertisement

今年の紅白歌合戦であなたが一番好きな白組の出場者は?

画像は「第72回紅白歌合戦」公式サイトより引用

  2021年の紅白歌合戦で白組として出場するアーティストから、3組を紹介しました。この他にも、今回が初出場となる「Snow Man」や「DISH//」、まふまふさんや平井大さん、布袋寅泰さんなどを含め、白組から21組が出場します。

 今回のアンケートでは、白組として出場する21組のアーティストを選択肢にピックアップ。なお松平健さんに関しては、「特別企画」としての出場となるため、今回は除外しています。楽しみにしているアーティストがいる人は、ぜひ投票に参加してくださいね! たくさんの投票と応援コメントをお待ちしています。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「芸能人」のアクセスランキング