メディア

「2022年冬ドラマ」で一番期待している作品はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年を迎えると、冬ドラマが各局でスタートします。2022年の冬ドラマは人気漫画の実写化をはじめ、医療ミステリーやラブコメディなど、多種多様なジャンルの作品がそろい楽しみですよね。

 そこで、「2022年の冬ドラマであなたが一番期待している作品はどれ?」というテーマでアンケートを実施します。ジャンルもさまざまな2022年の冬ドラマのなかで、期待している作品を教えてください! それでは各局で放送予定の冬ドラマから、3本をピックアップして紹介します。

advertisement

ミステリと言う勿れ

 フジテレビ系の月曜夜9時のドラマ枠・通称「月9」にて2022年1月10日から放送されるのは、菅田将暉さん主演の「ミステリと言う勿れ」。田村由美さんの同名漫画が原作で、菅田さん演じる大学生の久能整がさまざまな事件に巻き込まれながらも、鋭い洞察力で事件を解決に導いていくミステリードラマです。

 久能はボリュームのある天然パーマが特徴で、仏頂面で友だちも彼女もおらず週末にカレーを作るのが唯一の楽しみ、という変わった青年。抜群の推理力や豊富な知識を基に、淡々と喋り続けるうちに事件を解決に導いてしまう久能を、菅田さんがどのように演じるのかが楽しみですよね。

advertisement

DCU

 TBS系の日曜夜9時のドラマ枠「日曜劇場」では、阿部寛さん主演のドラマ「DCU」が2022年1月16日から放送予定です。“DCU”とは、海上保安庁に新設された架空の組織「Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)」の略称で、水中で起きた事件や事故などの捜査を行うエキスパート集団のこと。阿部さん扮するDCUの隊長・新名正義のもと、DCUの面々が海上だけでなく河川や湖などあらゆる水中に潜り、隠された証拠を探し出し事件を解決していくストーリーとなっています。

advertisement

となりのチカラ

 テレビ朝日系木曜夜9時の「木曜ドラマ」で、2022年1月20日から放送予定の「となりのチカラ」。松本潤さんが主演を務め、脚本は「家政婦のミタ」などでを手がけた遊川和彦さんが担当します。都内のマンションを舞台に、さまざまな問題を抱えている住民と、松本さん演じる自称小説家の中越チカラが親睦を深めていくホームドラマです。チカラの妻役を上戸彩さんが演じ、住人役には小澤征悦さんやソニンさんなど、個性豊かな出演者が勢ぞろいしています。

advertisement

2022年冬ドラマで一番期待している作品はどれ?

画像は「フジテレビ公式サイト」より引用

 2022年の冬ドラマから、3作品を紹介しました。このほかにも、三谷幸喜さんが3度目の脚本を務める大河ドラマ「鎌倉殿の13人」や、清原果耶さん主演のラブコメディ「ファイトソング」、また秋から継続して放送される「真犯人フラグ」など、さまざまなジャンルのドラマがそろっています。

 今回のアンケートでは、地上波で放送される2022年の冬ドラマから、34本を選択肢にピックアップ。BSやWOWOWで放送されるドラマなど、選択肢にないドラマに投票したい場合は、「その他」へ投票のうえコメント欄で作品名を教えてください。それでは投票、お待ちしております!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.