メディア

「2022年冬ドラマ」で一番期待している作品ランキングTOP20! 第1位は松本潤さん主演の「となりのチカラ」【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年を迎えると、1月から多くの冬ドラマがスタートします。今回は、人気漫画の実写化や、医療ミステリー、社会派ホームドラマなどさまざまなジャンルのドラマを放送します。そこで、ねとらぼ調査隊では2021年12月20日から12月26日まで「2022年冬ドラマで一番期待している作品はなに?」というアンケートを実施しました。

 今回のアンケートでは、総数2487票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:ミステリと言う勿れ

 第3位は299票を集めた「ミステリと言う勿れ」です。フジテレビ系の月曜夜9時の通称「月9枠」のドラマとして、2022年1月10日から放送されます。主役の大学生・久能整を菅田将暉さんが担当します。田村由美さんの同名漫画が原作で、久能がさまざまな事件を鋭い洞察力で解決に導いていくミステリーとなっています。特徴的なのが久能のビジュアルで、ボリュームのある天然パーマに仏頂面で友だちも彼女もいない設定です。また、週末にカレーを作るのが趣味でその様子も描かれるようです。コメント欄では「整はうんちくがすごいのでセリフが大変だと思う」との声が挙がっています。

advertisement

第2位:DCU

 第2位は490票を集めた「DCU」です。話題のドラマを多く放送するTBS系の日曜夜9時のドラマ枠「日曜劇場」で、2022年1月16日から放送予定です。主演を阿部寛さんが務め、海上保安庁に新設された架空の組織「DCU」を率いる隊長の新名正義を演じます。「DCU」は「Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)」の略称で、水中で起きた事件や事故に関しての捜査を行います。危険極まりない水中での捜査を、命がけで行う姿を描いていくドラマとなります。コメント欄では「阿部さんと横浜流星さんのバディ期待してます」との声が挙がっています。

advertisement

第1位:となりのチカラ

 第1位は603票を集めた「となりのチカラ」です。テレビ朝日系の木曜夜9時の「木曜ドラマ」で、2022年1月20日から放送予定となります。主役の自称小説家の中越チカラを松本潤さんが務め、脚本は「家政婦のミタ」などを手がけた遊川和彦さんが担当します。なにをしても中途半端な男を松本さんが演じて、都内のマンションで問題を抱える住民と交流を持ち親睦を深めていく社会派ホームドラマ。コメント欄では「松本潤さんが演じる役がかなり変でご近所さんが警戒してる感じもあって面白そう」との声が挙がっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.