メディア

【中国・四国エリア】平均年収が高い県ランキング! 2位の広島県を上回る1位は?【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 求人情報・転職サイトの「doda(デューダ)」では、職種別や年齢別などさまざまなカテゴリの平均年収ランキングを毎年発表しています。今回は、その中から中国・四国地方9県の平均年収ランキングを紹介します。

 データは2020年9月~2021年8月末の期間にdodaエージェントサービスに登録した、20~65歳の正社員の年収を調査・集計したもの。さっそく、上位の2県から見てみましょう。ちなみに、中国・四国地方全体の平均は377万円でした。

(出典:DODA「平均年収ランキング2021」

advertisement

第2位:広島県

 第2位は、中国・四国地方最大都市の広島市を抱える広島県。平均年収は384万円となっています。男女別でみた場合、広島県は男性でも平均年収422万円で2位と変わらずですが、女性では321万円で3位と順位を下げています。

advertisement

第1位:山口県

 そして第1位は、山口県でした。県内全体の平均年収は、2位を9万円上回る393万円です。山口県も、やはり男性は430万円で1位ですが、女性では317万円で中国・四国地方5位と大きく順位を下げており、男女で差が出る結果となりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.