メディア

「上司にしたい男性俳優」ランキングTOP59! 20~40代が選んだ1位は「阿部寛」さん【2021年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、20~40代男女に「『上司にしたい俳優』は誰ですか?」というアンケートを実施しました。20~40代の男女が「こんな人のもとで働きたい」と思う俳優は、いったい誰だったのでしょうか? それではランキングをTOP2から見ていきましょう。

advertisement

第2位:竹野内豊

 第2位は「竹野内豊」さんでした。竹野内さんは1971年生まれの俳優で、高校生の時にモデルとして芸能界デビュー。1994年から俳優としても活動を始め、さまざまな作品に出演し精力的に活動を続けています。ドラマ「BOSS」の警視正・野立信次郎役や、映画「シン・ゴジラ」の総理大臣補佐官・赤坂秀樹役などで見せたように「デキる男」の雰囲気あふれる竹野内さん。もし上司になったら、どんな問題が起きてもスマートに解決してくれそうです。

advertisement

第1位:阿部寛

 第1位は「阿部寛」さんでした。阿部さんは1964年生まれの俳優。雑誌『non-no』や『MEN’S NON-NO』のモデルとして活躍後、俳優に転身しました。ドラマ「TRICK」や「結婚できない男」などでは、優秀ながらクセのある役柄を好演。「下町ロケット」では、一人の技術者として夢を追い、社員と共に奮闘する町工場の社長・佃航平役を熱演しました。2022年1月の新ドラマ「DCU」では潜水特殊捜査隊を率いる隊長・新名正義を演じており、ますます「理想の上司」のイメージは高まりそうです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.