メディア

「神奈川県の中華の名店」人気ランキングTOP10! 1位は「景徳鎮 本館」【2022年1月版/ヒトサラ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 料理人の顔が見えるグルメメディア「ヒトサラ」は、1万5000人を超える全国のプロの料理人や彼らが生み出す料理を紹介しており、食を楽しみたい人とおいしいお店の出会いを創出しています。編集者が作り込んだ独自のサイトコンテンツで感動的な出会いを演出しているのが特徴です。

画像は「写真AC」より引用

 今回はそんな「ヒトサラ」の協力のもと、「神奈川県の中華の人気店ランキング」を紹介します。ランキングは各店舗ページのアクセス数にもとづいています。なお、ランキングは2022年1月19日時点のものです。

(出典:ヒトサラ「神奈川県の中華のアクセスランキング」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第3位:横浜中華街 獅門酒楼

「ヒトサラ」の店舗ページはこちら

 第3位は「横浜中華街 獅門酒楼」でした。1983年創業の老舗で、元町中華街駅から徒歩5分ほどの場所にあります。広東料理を中心に、四季折々の魅力を詰め込んだ多彩なメニューを展開。中でも海鮮系が評判で、当日入荷した新鮮な魚を堪能できます。そのほかに、あわびとパイ生地のバランスが絶妙な「香港式 活あわびの焼きパイ」や、紹興酒がうまみと甘みを引き立てるマキエビがたまらない「活 酔払い海老の湯引き」なども人気。シンプルながら上品な店内は広々としており、家族や友人とゆっくり食事を楽しめます。

advertisement

第2位:萬珍樓 本店

「ヒトサラ」の店舗ページはこちら

 第2位は「萬珍樓 本店」でした。元町・中華街駅から徒歩5分ほどでアクセスできる、1892年創業の老舗です。広東料理を専門とし、化学調味料を使わず素材本来の味を引き立てています。鶏ガラのスープでフカヒレを煮込んだ「吉切ふかひれ姿煮」をはじめ、「窯焼き北京ダック」や「燕の巣蟹卵スープ」など、メニューはいずれも絶品ぞろい。ディナータイムは、琵琶やピアノによる生演奏が行われることも。パティシエが手がけるデザートや、料理に合うワインなど、新しいスタイルの中華料理を楽しみたい人にもおすすめです。

advertisement

第1位:景徳鎮 本館

「ヒトサラ」の店舗ページはこちら

 第1位は「景徳鎮 本館」でした。元町・中華街駅から徒歩5分ほどの所にある四川料理の名店です。メディアでたびたび取り上げられる「四川マーボー豆腐」は、辛味の中に深いうまみや香りを感じられる人気メニュー。ホタテや大きなエビ、イカがたっぷり入った「三種海鮮と野菜の四川黒豆ソース炒め」や、ファミリーにおすすめの「特製点心セット」、外パリパリ・中ジューシーな牡蠣がたまらない限定料理「シャンチョイセンホウ」など、ほかにも多彩なメニューを展開しています。店内は高級感があり、宴会からデートまで幅広いシーンにおすすめです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「グルメ」のアクセスランキング