メディア

「尾崎豊」であなたが一番好きな曲は?【2022年版人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1992年に、26歳というあまりにも若い年齢でこの世を去った尾崎豊さん。その死から長い年月が経った今でも、絶大な支持を得ています。尾崎さんというと一般に思春期のもどかしさや反抗心を代弁したような曲が有名ですが、実際には落ち着いたバラードやラブソングなども多く、世代を超えて愛されています。

 今回は、そんな尾崎豊さんの好きな曲についてアンケートを実施。まずは、尾崎豊さんの代表的な曲を一部抜粋して紹介します。

advertisement

I LOVE YOU

 尾崎さんの代表曲として知られている「I LOVE YOU」。1983年リリースのファーストアルバム「十七歳の地図」に収録されていた曲で、1991年に11枚目のシングルとしてリリースされました。CMや映画、ドラマなどでもたびたび使用され、日本人になじみの深い曲のひとつです。ドラマ「北の国から」でもおなじみ。

 実はこの曲は、アルバム制作で曲数が足りなかったところ、急遽作られたものでした。しかし、結果的に高いクオリティーの楽曲となったため、今でも多くのミュージシャンにカバーされて歌われています。18歳で作ったとは思えない、いつの時代も愛に迷う人々の胸を打つ名曲です。

advertisement

OH MY LITTLE GIRL

 尾崎さん死後の1994年にシングルとしてリリースされた「OH MY LITTLE GIRL」。もともとはこの曲もファーストアルバム「十七歳の地図」の収録曲で、2ndシングル「十七歳の地図」のB面にも収録されています。

 シングルカットされるきっかけとなったテレビドラマ「この世の果て」のほか、映画「LOVE SONG」や「ホットロード」でも主題歌として使われるなど、尾崎さんの曲の中でも長く愛されている作品。甘くセンチメンタルな旋律に、優しさと切なさを含んだ歌声が心地よい、美しいラブバラードです。

advertisement

15の夜

 1983年リリースのデビューシングルで、尾崎さんのイメージの源ともなっている代表曲。中学生のころに同級生らと家出をした実体験をもとに作られた曲で、ティーンエイジャーの心を代弁する歌として今なお多くの人に歌われています。

 歌詞の中でも「盗んだバイクで走り出す」というフレーズが有名。そのためか、尾崎豊=不良ソングというような認識がされやすいのですが、実際にはそういった曲は、尾崎さんの作品のなかでは少数派です。

advertisement

その他(コメント欄にお願いします)

 10年に満たない活動期間の間に、数多くの名曲を世に送り出した尾崎豊さん。1曲を選ぶのは難しいかもしれませんが、ぜひあなたの好きな曲に投票をお願いします!

advertisement

アンケート

尾崎豊公式サイトより

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.