メディア

【投票結果】一番好きなシャア・アズナブル搭乗機はどれ? シャアが最後に搭乗したあの機体が、ザクを僅差で上回り第1位に!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「機動戦士ガンダム」の主人公、アムロ・レイの前に最大のライバルとして立ち塞がり、時には味方として共闘しつつも、最後はネオ・ジオン軍の総帥としてアムロと因縁の対決を繰り広げたシャア・アズナブル。

 ファーストガンダムの一年戦争から、「機動戦士Zガンダム」のグリプス戦役、そして「逆襲のシャア」の第二次ネオ・ジオン抗争に至るまで、さまざまなモビルスーツに搭乗してきたシャア。そんな彼が搭乗したMSの中で一番好きな機体はどれか、ねとらぼ調査隊では2020年8月21日から9月20日まで、アンケートを実施しました。

 アンケートでは、シャアが搭乗した主要なモビルスーツをピックアップして投票を実施。ピックアップした以外の機体は「その他」からコメントをいただきました。

 その結果、今回のアンケートでは、総数1万107票もの投票をいただきました。また、思い入れのあるシャア搭乗機へのコメントも数多く寄せられました。ありがとうございます!

 アンケートで最も人気が高かったシャア搭乗機は何だったのでしょうか。ランキング結果を見ていきましょう!

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」公式サイトより引用
advertisement

TOP3は?

 まずは上位のモビルスーツ3機を紹介。上位3機だけで、投票総数の実に7割を占める結果となりました。

順位機体名票数
1サザビー2659
2シャア専用ザクII2654
3百式2098
advertisement

第3位:百式

 第3位にランクインしたのは、「機動戦士Zガンダム」でクワトロ・バジーナことシャアが搭乗したモビルスーツ「百式」。得票数は2098票で、得票率は20.8%でした。

 金色に輝く塗装やクワトロのサングラスを彷彿とさせるメインカメラ、さらにメガ・バズーカ・ランチャーなどの武装も特徴的な百式。コメントでも「赤じゃない唯一無二の金MS」「シャアを印象づける“赤”以外で印象強いし何しろカッコいい」と、それまで赤のイメージが強かったシャアの印象を破った機体であるという声が多く聞かれました。

 また、「コロニーレーザー内でのキュベレイとジ・Oとの戦いは最強の名場面」というコメントも。性能で劣る百式を操縦しながらも、敵陣営のリーダー二人を相手に互角に戦ったシャアの操縦技術はさすがと言うべきですね。

画像は「機動戦士Zガンダム」公式サイトより引用
advertisement

第2位:シャア専用ザクII

 第2位となったのは、“シャア専用モビルスーツ”の代表格である「シャア専用ザクII」。得票数は2654票で、得票率は26.3%でした。

 「機動戦士ガンダム」でアムロの前に現れた一番最初のシャア搭乗機として、鮮烈な印象を残したザクII。設定では、この時シャアが乗っていたのは指揮官機である「S型」で、一年戦争の開戦当初には角のない「C型」ザクを操縦し、多大な戦果を挙げたことで「赤い彗星」の異名を取りました。

 コメントでは「シャアと言えば赤いザク」「伝説の幕開けを飾った機体」「赤い彗星初登場のシーンが高速スピードでインパクトありすぎ」「いろいろな機体に乗ったシャアが、もっとも輝いていたのはザク」といった“シャアザク愛”にあふれた声がたくさん見受けられました。

画像は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」公式サイトより引用
advertisement

第1位:サザビー

 そして、シャア専用ザクIIをわずか5票という僅差で破り、栄えある第1位となったのは「サザビー」でした! 得票数は2659票で、得票率は2位と同じく26.3%となりました。

 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」においてシャアの最後の搭乗機として、アムロの駆るνガンダムと激闘を繰り広げたサザビー。全身をパーソナルカラーである赤に塗装され、威風堂々とした重量級のシルエットは、まさに“ネオ・ジオン軍の総帥”たるシャアが駆るに相応しい機体と言えるでしょう。

 投票コメントでも「宿命のライバルと決着をつけるための最終兵器」「映像で見られるシャア唯一のファンネル搭載機にして最後の機体」と言った声や、「それまでは組織の一兵士であったシャアがネオ・ジオン総帥となったことによるカリスマ性や責任、重みや深みを感じる」という、さまざまな宿命を背負った機体であることへの思いが寄せられていました。

画像は「機動戦記ガンダム 逆襲のシャア」公式サイトより引用

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング