メディア

3人に2人が間違えた「週休2日制は毎週2日間休める?」 ややこし過ぎる「週休2日制」「完全週休2日制」の違い

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

アンケート形式で正答率を調べたところ、ちゃんと正解している人の方が少数。

アンケート形式で正答率を調べたところ、ちゃんと正解している人の方が少数。

回答

  • 「週休2日制」は毎週2日間休める?
  • 答え:×

「週休2日制」とは1カ月間に週2日休みがある週が1回以上ある場合を指します。つまり、週休2日が1週だけあって、残りの週は週休1日というケースもあります。

  • 「完全週休2日制」の場合、祝日は休めない?
  • 答え:△(職場による)

「完全週休2日制」とは毎週2日間の休日が取れる制度。一方、労働基準法上は国民の祝日を休日にしなければならないという定めはないので、職場によって祝日の扱いは異なります。求人票などに「完全週休2日制(土・日・祝日)」と表記がある場合は、土曜日、日曜日、祝日の中から2日間のみがお休みに。「完全週休2日制(土・日)、祝日」の場合は、土曜日、日曜日、祝日が全て休みになります。

  • 「週休2日制」より休めない労働環境は法的にアウト?
  • 答え:×

労働基準法では「休日は、毎週1日以上、それが難しければ4週で4日以上」を与えなければならないと定められており、それを満たせば法的に問題はありません。

  • 「完全週休2日制」よりも「週休2日制」の方が労働時間が長い?
  • 答え:△(休日と労働時間は別問題)

労働基準法では「労働時間の原則は1日8時間以内、1週40時間以内(特例事業場は44時間以内)」と、休日とは別に労働時間が定められています。すなわち、1日の労働時間を短くして出勤日数を増やすのも法的にはOK。休日の多さと労働時間の長さは異なる問題です。

advertisement

調査概要

 プラスアルファ・コンサルティングが提供する、SNS(ブログ・Twitter)やアンケートをテキストマイニングにより分析するSaaS型ツール「見える化エンジン」を利用して調査をおこなった。

調査期間2019年5月21~28日
調査対象外部モニター
調査件数4175件
調査方法プラスアルファ・コンサルティング提供の瞬速リサーチを使ったアンケート形式による調査
advertisement

調査結果

Q1:「週休2日制」は毎週2日間休める?(回答数:990件)

Q2:「完全週休2日制」の場合、祝日は休めない?(回答数:1021件)

Q3:「週休2日制」より休めない労働環境は法的にアウト?(回答数:1037件)

Q4:「完全週休2日制」よりも「週休2日制」の方が労働時間が長い?(回答数:1127件)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.