メディア

「方言」がすてきな都道府県ランキング! 1位の「福岡県」に続く2位は?【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日2月18日は「方言の日」。鹿児島県の大島地区文化協会連絡協議会が、奄美の方言の保存・伝承を目的に制定しました。普段は標準語を使っている人が、ふとしたときに方言を口にするとドキッとしたりしますよね。同じ日本のなかでも、地域によっては「どういう意味?」と聞きたくなる独特な言葉があるのも方言の面白いところです。

 そこで本日は、「方言がすてきな都道府県ランキング」(2021年3月ねとらぼ調べ・回答数1243票)の結果をご紹介。日本各地にさまざまな方言がありますが、「ここの方言に魅力を感じる!」と最も人気を集めた都道府県は?

advertisement

第3位:青森県

 第3位には「青森県」がランクイン。南部弁や津軽弁など、県内でも方言のバリエーションが豊かで、独特のフレーズがたくさんあるため、県外の人が理解するのはハードルが高いかもしれません。

 コメント欄には「ぶっきらぼうに聞こえてどこか温かいイントネーションの津軽弁が大好きです」といった声が寄せられました。

advertisement

第2位:京都府

 第2位に入ったのは「京都府」でした。「いらっしゃい」を意味する「おいでやす」、「だめ」を意味する「あかん」、「それでは」を意味する「ほな」といった言葉は、県外にもよく知られている言葉でしょう。コメント欄には「生まれた所が京都なので好きです」と、地元愛にあふれる声が寄せられました。

advertisement

第1位:福岡県

 第1位に輝いたのは「福岡県」でした! 博多弁で「とても」を意味する「ばり」、「いいよ」を意味する「よかよ」などには、ついつい真似したくなる愛らしい響きがありますよね。「~ばい」「~やあ」「~と」などの独特の語尾もかわいいです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.