メディア

【新日本プロレス】「IWGPインターコンチネンタル王座」歴代チャンピオンで一番好きなのは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年3月4日、「IWGPヘビー級王座」との統合によって廃止となった「IWGPインターコンチネンタル(IC)王座」。2011年からIWGPヘビー級王座への登竜門的な位置づけとして始まったこのタイトルは、2010年代の新日を盛り上げた王座戦線でした。

 新日ではIWGPヘビー級王座が伝統のある団体最高峰のタイトルでしたが、そのサブに位置づけられるIC王座の存在によって、ベルトをめぐるたくさんのドラマが生まれましたよね。新日本隊(及び会社)から少し距離を置く選手が絡んでくるのもIC王座の特徴でした。

 そこで今回は皆さんに、およそ10年に及んだIWGPインターコンチネンタル王座を振り返る意味を込めて「歴代チャンピオンで一番好きな王者」を選んでいただくアンケートを実施します。ではさっそく、上位ランクインが予想される有力候補を3人ご紹介します!

advertisement

棚橋弘至

出典「Amazon.co.jp
棚橋弘至 IWGP V11 ROAD [DVD]"

棚橋弘至 IWGP V11 ROAD [DVD]

棚橋弘至
16,950円(07/05 15:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

 棚橋選手は中邑真輔選手が全盛だった2014年1月4日と、内藤哲也選手がベルトを主に持っていた時代の2017年6月11日の2回、タイトルを獲っています。

 棚橋選手はIC王座のイメージが薄いものの、要所要所で中邑選手や内藤選手とのベルト戦線に加わっていました。IWGPヘビー級王者として長く君臨した棚橋選手が絡むことで、ベルトの権威自体が高まった印象もありますね。

advertisement

内藤哲也

出典「Amazon.co.jp
トランキーロ 内藤哲也自伝(EPISODIO 3) (新日本プロレスブックス)"

トランキーロ 内藤哲也自伝(EPISODIO 3) (新日本プロレスブックス)

内藤 哲也
1,870円(07/05 15:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

 プロレスファンにとっては「IC王座と言えば内藤選手」というイメージが強いのではないでしょうか。内藤選手は中邑選手の退団以降、2016年から常にこのベルトをめぐる争いの中心にいました。

 2017年まで続いた王座期、そして2018年以降の鈴木みのる選手との抗争期、主に2つの時期を通じて合計5回の戴冠を果たしています。ベルトを雑に扱うなど波紋を呼ぶエピソードもありましたが、今となっては内藤選手の活躍を象徴するタイトルだったといえるかもしれません。

advertisement

飯伏幸太

出典「Amazon.co.jp

 2022年3月現在、長期離脱中の飯伏幸太選手はインターコンチネンタル王座の最後のチャンピオンです。2021年に東京ドームで行われたIWGPヘビー級とのダブル選手権をもって、統一王座「IWGP世界ヘビー級」王座へと移行。飯伏選手はそのまま新設王座の初代王者となっています。

 飯伏選手は2019年の新日再入団以降、このベルトを中心に内藤選手やジェイ・ホワイト選手、SANADA選手たちと激闘を繰り広げました。残念ながら2021年10月のオカダ・カズチカ戦で重傷を負ってしまいましたが、またファンの前に元気な姿を見せてほしいですね!

advertisement

あなたが一番好きな「IWGPインターコンチネンタル王座チャンピオン」は?

 上記の3人以外にも錚々たる面々が戴冠している「IWGPインターコンチネンタル王座」。歴代チャンピオンはいずれも素晴らしいレスラーばかりですが、「インターコンチネンタル王座と言えばこの人!」とあなたの考えるチャンピオンを一人選んでくださいね。

 選手への思い入れや、ベルトをめぐる思い出などもあれば、ぜひコメント欄で教えてください。皆さんからの熱いご投票、お待ちしております!

あなたが一番好きな「IWGPインターコンチネンタル王座チャンピオン」は?
合計:386票
実施期間:2022/03/13 00:00 〜 2022/03/20 00:00
投票は締め切りました
出典「Amazon.co.jp
IWGP烈伝COMPLETE-BOX 2  1987年初代IWGPヘビー級王者アントニオ猪木初防衛戦~1991年第11代IWGPヘビー級王..."

IWGP烈伝COMPLETE-BOX 2 1987年初代IWGPヘビー級王者アントニオ猪木初防衛戦~1991年第11代IWGPヘビー級王…

アントニオ猪木, 藤波辰巳, ビッグバン・ベイダー
19,800円(07/05 15:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング