メディア

【スーパー戦隊シリーズ】あなたが一番好きな歴代「イエロー」(黄色の戦士)は誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「スーパー戦隊シリーズ」に登場する「戦隊イエロー」(黄色の戦士)。定番であるレッドやブルーに比べれば数は少ないものの、多くの戦隊に存在しています。シリーズ開始当初は男性が務めていたものの、やがて女性も多く担当するようになり、現在のところ男女比としてはほぼ半々というのも、ほかの色の戦士にはあまりない特徴といえるでしょう。

 今回ねとらぼ調査隊では、そんな「スーパー戦隊シリーズ」に登場する歴代イエローについてアンケートを実施します。あなたが一番好きなイエローにぜひご投票ください。まずは、数ある歴代イエローから3人をピックアップして紹介しましょう!

advertisement

初代キレンジャー(秘密戦隊ゴレンジャー)

出典「Amazon.co.jp」

 キレンジャーは「秘密戦隊ゴレンジャー」に登場する戦隊イエローです。初代のキレンジャーは、国際秘密防衛機構イーグルの九州支部隊員である大岩大太が務めました。少しぽっちゃりとした体格やカレーが大好きという特徴は非常にインパクトが強かったためか、現在でも戦隊イエローといえば「ぽっちゃりでカレー好き」というイメージを持っている人も多いようです。

 また、2代目のキレンジャーは、イーグル内部で結成された少数精鋭部隊「ゴレンジャー予備軍」から熊野大五郎が抜擢されました。こちらも大岩と同じく大食漢ですが、カレーではなく甘いものが大好物という設定です。

advertisement

シンケンイエロー(侍戦隊シンケンジャー)

出典「Amazon.co.jp」

 シンケンイエローは、「侍戦隊シンケンジャー」に登場する戦隊イエロー。志葉家に代々仕えてきた家臣団の1つで花織家の末裔である花織ことはが変身します。本来は姉のみつばが候補となっていましたが、とても病弱であった姉に代わって、おっとりした性格のことはがイエローを務めることになりました。

 黄色い秘伝ディスク「猿ディスク」が専用ツールになっていて、手裏剣型の武器・ランドスライサーにセットすれば必殺技を使用できます。猿ディスクを使った土煙の舞や、ランドスライサーを投げつける奮闘土力など専用技も豊富です。

advertisement

ゼンカイガオーン(機界戦隊ゼンカイジャー)

出典「Amazon.co.jp」
出典「Amazon.co.jp」

 ゼンカイガオーンは、「機界戦隊ゼンカイジャー」に登場する戦隊イエローです。機械生命体キカイノイドであるガオーンが、ギアトリンガーにセンタイギアをセットすることで変身します。胸のあたりにライオンの頭部があり、「百獣戦隊ガオレンジャー」のガオキングに似たデザインになっています。

 鉤爪のような「ガオーンクロー」を武器とし、身軽な動きを駆使しながら器用に戦うファイトスタイルも特徴。固有技は「ガオーン肉球キック」と「ガオーンマタタビ乱舞」です。ゼンカイジュランとは同じ生物をモチーフにしているため、多くの共通パーツがあります。

advertisement

まとめ

 ここまで、スーパー戦隊シリーズから3人の歴代イエローを紹介しました。選択肢には「秘密戦隊ゴレンジャー」から、2022年3月6日より放送が開始された「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」まで、43人の戦隊イエローを用意しています。なお、作中で変身者が交代したキレンジャーおよびイエローフォーについてはそれぞれ別キャラクターとして数えています。

 また、一時的に変身もしくはゲストキャラ扱いとなるイエローなどは含めていませんが、もし選択肢以外のキャラクターに投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄にキャラ名と投票理由をお書きください。

 ほかにも、各戦隊イエローの魅力的なところや、それぞれの作中での印象的なシーン、セリフなどもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング