メディア

空腹時のウォーキングが脂肪燃焼にいちばんいいって本当?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「ウォーキングに効果的なタイミング」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(10月12日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問「秋のいい気候で歩くのが楽しくなり、ウォーキングが毎日の日課になりました。ところで、お腹が空いているときのウォーキングが脂肪燃焼にいちばんいいと聞きましたが、本当でしょうか?」に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

日本健診財団監修による解説

 お腹が空いているときのウォーキングが、脂肪燃焼にいちばんいいというのは本当です。

 ウォーキングは脂肪燃焼につながる有酸素運動であり、食事前のタイミングで運動することは、脂肪燃焼の効果を上げると考えられております。

 食事などで摂取した栄養は、体のなかで分解されてエネルギー源となりますが、まずは糖質、次に脂質、そしてたんぱく質という順番で使われることがわかっています。つまり、脂質がエネルギー源として使われるためには、糖質を使い果たしている必要があります。

 食事をした後などの満腹な状態では、糖質が体のなかにあるので、これが優先して使われてしまいます。そのため、お腹が空いているときの方が脂肪の燃焼には効果的です。場合によっては、バナナやチョコレートなどを口にしてから始めることをおすすめします。

 ダイエット目的の運動は継続が大切です。ウォーキングは無理なく続けられるという点でも、いいのではないでしょうか」

協力:医療ジャーナリスト・森まどか
監修:日本健診財団

advertisement

番組情報

健康あるあるWONDER4
毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30番組HP
健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます
定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

関連タグ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.