メディア

【関西エリア】「親しみやすさがある沿線」ランキングTOP20! 「地下鉄堺筋線」を抑えた1位は?【2021年最新調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 関西エリアには、地元に密着した親しみやすい街が多くあります。それでは「沿線」単位で「親しみやすい」と思われているのはどの沿線のどの区間なのでしょうか。ここでは、大東建託の居住満足度調査から「街の住みここち沿線ランキング2021<関西版>」の「親しみやすさ」の項目を見ていきましょう。

 調査対象となっているのは、関西エリアに居住する20歳以上の男女で、2019年から2021年までの回答を累積したデータを使用しています。はたして、関西エリアで「親しみやすい」と思われている沿線・区間はどこになるのでしょうか? さっそくランキングを見ていきましょう。

(出典元:大東建託「街の住みここち沿線ランキング2021<関西版>」)

advertisement

第3位:六甲アイランド線(住吉~マリンパーク)

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「六甲アイランド線(住吉~マリンパーク)」です。神戸港に浮かぶ「六甲アイランド」と本土を結ぶ路線で、「六甲アイランド」の大動脈となっています。この人工島では「ウェルカムフェスティバル」「RICサマーイブニングカーニバル」「ハロウィンフェスティバル」など季節を通してさまざまなイベントが開かれており、住民どうしが和やかに交流しています。

advertisement

第2位:地下鉄堺筋線(天神橋筋六丁目~天下茶屋)

画像は「写真AC」より引用

 第2位は「地下鉄堺筋線(天神橋筋六丁目~天下茶屋)」です。大阪の都心部を走る路線沿いでは、天王寺動物園や日本橋エリアなど有名スポットを楽しむことができます。2015年には動物園にちなんでヒョウ柄が特徴的な「どうぶつデザイン列車」を運行させるなど、話題作りが上手な路線で地元住民にも親しまれています。

advertisement

第1位:地下鉄谷町線(天神橋筋六丁目~文の里)

画像は「写真AC」より引用

 第1位は「地下鉄谷町線(天神橋筋六丁目~文の里)」です。天王寺駅を中心とした路線で、「あべのハルカス」などの商業施設、憩いの場である「天王寺公園」、さらにさまざまな寺社仏閣が沿線に存在します。また、長いアーケードが自慢の下町情緒あふれる商店街「天神橋筋商店街」では、庶民的な値段で食べ歩きを楽しむことができますよ。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング