メディア

【寅さん】映画「男はつらいよ」の歴代マドンナで好きな人は誰?【2022年版人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 テレビドラマで人気を博し、1969年に映画化された「男はつらいよ」。主演・渥美清さん、監督・山田洋次さんの黄金コンビによって制作され、渥美さん扮する主人公・車寅次郎が、ゲストとして登場するマドンナに惚れてしまうも、結局成就しないまま旅立つという人情劇となっています。

 そこで今回は、「映画『男はつらいよ』の歴代マドンナで好きな人は誰?」というアンケートを実施。作品を彩ってきた魅力的なマドンナたちの中で、あなたが一番好きな人を教えてください! それでは、観客動員数が多かった作品のマドンナ3人を紹介します。

advertisement

柳りつ子(岸惠子)

出典「Amazon.co.jp」

 1973年末に公開された「私の寅さん」は、シリーズ史上一番の観客動員数を誇る作品です。この作品のマドンナは、岸惠子さん演じる柳りつ子でした。りつ子は寅さんの同級生の妹で、兄からの援助を受けて生活している貧乏画家。寅さんのことを「熊さん」と呼び間違えたり、会ったそばから大喧嘩をしたりと、当初はそりが合わない2人でしたが、いつしか寅さんはそんなりつ子に惹かれていくことに……。

advertisement

リリー(浅丘ルリ子)

出典「Amazon.co.jp」
男はつらいよ・寅次郎忘れな草 [DVD]"

男はつらいよ・寅次郎忘れな草 [DVD]

渥美清, 倍賞千恵子, 前田吟, 森川信, 三﨑千恵子
1,527円(08/12 09:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 浅丘ルリ子さん演じるリリーは、1973年公開の第11作「寅次郎忘れな草」のマドンナ役として初登場。リリーは旅回りの歌手で、寅さんとは北海道・網走で出会います。似たような境遇から意気投合し両思いになるものの、結局2人の恋愛は成就しませんでした。他の男性と結婚したリリーが、「ほんとはね、この人より寅さんの方が好きだったの」と語るなど、他のマドンナとは趣の異なる物語や2人の関係が印象的ですよね。

 また第15作「寅次郎相合い傘」、第25作「寅次郎ハイビスカスの花」、第48作「寅次郎紅の花」など数々の作品に登場しており、離婚や入院、寅さんとの同棲など、波乱万丈な人生が描かれました。

advertisement

小川螢子(田中裕子)

出典「Amazon.co.jp」

 第30作となる「花も嵐も寅次郎」は、1982年公開の映画。この作品でマドンナ・小川螢子役を務めたのが、当時27歳だった田中裕子さんでした。

 寅さんは大分の湯平温泉で、東京から旅行に来ていた螢子と知り合います。沢田研二さん扮する動物園で働く青年・三郎は、たまたま同じ宿に泊まっていた螢子と出会い一目ぼれするも、あまりに恋愛に対して不器用だったために寅さんがキューピッド役を買って出ることに。螢子に密かな恋心を抱いていた寅さんの、男気あふれるエピソードとなっています。

advertisement

映画「男はつらいよ」の歴代マドンナで好きな人は誰?

出典「Amazon.co.jp」
男はつらいよ お帰り 寅さん [DVD]"

男はつらいよ お帰り 寅さん [DVD]

渥美清, 倍賞千恵子, 吉岡秀隆, 後藤久美子, 前田吟, 池脇千鶴, 夏木マリ, 浅丘ルリ子
2,845円(08/12 09:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 映画「男はつらいよ」から、3作品のマドンナを紹介しました。このほかにも、「寅次郎夕焼け小焼け」に登場した太地喜和子さん演じるサッパリとした性格の芸者・ぼたんや、2作品のマドンナとして登場した吉永小百合さん演じる高見歌子など、数々のマドンナがいました。

 今回のアンケートでは、45人の歴代マドンナを選択肢にピックアップ。心に残るマドンナの好きなエピソードや場面などのコメントとともに、投票よろしくお願いいたします!

advertisement

アンケート

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「映画」のアクセスランキング