メディア

「井上喜久子」のテレビアニメキャラ人気ランキングTOP31! 第1位は「ベルダンディー」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年3月17日から3月24日までの間、ねとらぼ調査隊では「井上喜久子さんが演じたアニメキャラで一番好きなのは?」というアンケートを実施しました。

 声優を中心に歌手やナレーターなどマルチに活躍する井上喜久子さん。そんな井上さんがこれまでに演じてきたテレビアニメのキャラクターの中で、人気を集めたのはどの役だったのでしょうか?

 今回のアンケートでは計2558票の投票をいただきました。たくさんの投票ありがとうございます! それでは第2位から結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:スターシャ・イスカンダル(宇宙戦艦ヤマト2199)

 第2位はスターシャ・イスカンダル(宇宙戦艦ヤマト2199)で、得票数は288票でした。スターシャ・イスカンダルは、イスカンダル星を統治していた王家の末裔で最後の女王です。汚染された地球を浄化するシステム「コモリバースシステム」の管理者でもあります。

 2012年にリメイクシリーズであるこの作品が公開され、2014年には総集編「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」、2017年には続編にあたる「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が公開、そして2021年には「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の前章、2022年に後章が公開。さらに、リメイクシリーズの最新作「ヤマトよ永遠に REBEL3199」の制作が決定しています。

 「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」ではスターシャが”真実”を語る重要な役を担うことで話題になり、井上さんは舞台挨拶で「スターシャの思いをどれだけ語れるのか? 緊張しました。台本をいただいた時は涙が止まりませんでした」と語っています。

advertisement

第1位:ベルダンディー(ああっ女神さまっ)

 そして第1位はベルダンディー(ああっ女神さまっ)で、得票数は681票でした。物語のメインヒロインであるベルダンディーは、誰もが見とれるほどの美貌をもつ三女神のひとり。「お助け女神事務所」に所属しており、主人公の森里螢一の「ずっとそばにいてほしい」という願いを叶えるため、地上界で生活することになります。

 1993年にOVAとして制作されてから2011年の講談社OAD版まで、なんと18年もの間井上さんが担当したキャラクターです。デビュー当初は清楚な女性役が多かった井上さんにとって、まさにハマり役だったのではないでしょうか。

 コメント欄では「正しく神秘的な、神様の声です。これほど神秘的な神様の声に合っている人はいないと思います」との声が挙がっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング