メディア

「番犬にしたい犬種」ランキングTOP16! 第1位は「柴犬」に決定!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の20~80代の男女を対象に「番犬にしたい犬種」に関するアンケート調査を実施しました。賢さと勇敢さを兼ね備えている犬。多くの犬種が存在する中で、「番犬にしたい」と思われているのはどの犬種だったのでしょうか。さっそく結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:ジャーマン・シェパード

 第3位は「ジャーマン・シェパード」でした。得票率は13.6%です。名前の通りドイツ原産で、災害救助犬や軍用犬として世界中で活躍しています。日本でも警察犬としてお馴染み。勇敢で賢く、飼い主への忠誠心が高いといった特徴を持っています。また、スタミナが多い傾向にあります。

advertisement

第2位:ドーベルマン

 第2位は「ドーベルマン」でした。得票率は22.2%です。逞しく、筋肉美が魅力的なドーベルマン。税金の徴収などを仕事としていたルイス・ドーベルマンが、危険から身を守る護衛犬として作出しました。アメリカやヨーロッパを中心に警察犬・軍用犬として知られており、日本でも親しまれています。トレーニングへの耐性が強く、活発な犬種です。

advertisement

第1位:柴犬

画像は「写真AC」より

 第1位は「柴犬」でした。得票率は24.7%です。洋犬の輸入によって個体数が減り、1936年に天然記念物に指定されました。縄文時代から日本人と生活をともにした歴史をもっています。古くはウサギなどを狩る猟犬として活躍していました。勇敢な一方で、警戒心が強い傾向にあります。飼い主に対しては忠実なので、番犬としても頼もしい存在です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.