メディア

サウナ流行を牽引するのは20代、流入ページ1位は「サウナイキタイ」。検索分析で見るサウナのトレンド

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 小さくないコロナ禍の影響を受けつつも、再び大きな流行となっているサウナ。いまサウナに注目しているのはどんなユーザーで、何に着目しているのでしょうか。この記事では、サウナに対して寄せられている関心やそのユーザーについて、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使って調査します。

advertisement

近年のサウナブーム、ユーザーはどれくらい伸びたのか

 特に若者の間で流行中のサウナ。トレンド具合を知るため、まず「サウナ」の検索者数の推移を見てみましょう。なお、本記事の分析には、毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用します。

「サウナ」検索ユーザー数の推移
「サウナ」検索ユーザー数の推移
(集計期間:2020年3月~2022年2月、デバイス:PC&スマートフォン)

 検索者数は全体的に右肩上がりの傾向となっていることが分かります。2020年3月から2020年6月にかけては約11万人にまでユーザー数は減少していましたが、その後右肩上がりで増加し、2022年1月の検索者数は約37万人と、3倍以上にもなっています。

 これだけユーザーが増加していれば、ブームとされるのも納得の増加度合いです。20代である筆者の周りでも、この1年間でサウナにハマる友人が増えました。自分もそれにつられてサウナにハマってしまった一人です。

 ここで、2020年3月から2020年6月にかけての減少の要因を探るために、その前の期間のデータも見てみましょう。

「サウナ」検索ユーザー数の推移
(集計期間:2019年1月~2020年2月、デバイス:PC&スマートフォン)

 2019年8月と2020年1月にユーザーが大きく伸びており、全体として2019年~2020年3月まではユーザーが増加しています。となると、2020年4月からの減少にはコロナの影響が考えられそうです。

 実際、「サウナ」の掛け合わせワードのなかで最もユーザー数が多いのが「コロナ」であり、さらにその推移に注目するとほとんど2020年3,4月に検索されています。

「サウナ」検索ユーザーの掛け合わせワードランキング、1位
「サウナ」検索ユーザーの掛け合わせワードランキング、1位
(集計期間:2020年3月~2022年2月、デバイス:PC&スマートフォン)

 サウナは特性上、頻繁な換気は難しい上に人も密集しやすくなっています。こうした特徴から、コロナ感染を懸念してサウナに関する検索を行ったユーザーが3,4月は多かったようです。

 現在ではコロナに対する意識の変化や、施設ごとにガイドライン等が整備されたこともあり、再びユーザーが急増していると考えられます。

advertisement

サウナ流行を牽引するメインの世代は20代

 続いて、ユーザーの属性に注目してみましょう。
まず男女比では下図のようになっています。

「サウナ」検索ユーザーの男女比
「サウナ」検索ユーザーの男女比
(集計期間:2020年3月~2022年2月、デバイス:PC&スマートフォン)

 サウナのイメージとしては男性が多いイメージがありますが、実際に男性が6割強と多くなっています。

 年代別ではどうでしょうか。

「サウナ」検索ユーザーの年代構成比
「サウナ」検索ユーザーの年代構成比
(集計期間:2020年3月~2022年2月、デバイス:PC&スマートフォン)

 年代の構成比としては、20・30代がそれぞれ25%程度、かつネット利用者全体の構成比も大きく上回っており、メインユーザー層となっています。逆に50代以降はネット利用者全体の比率よりも少なくなっています。

 また、家族構成としては未婚のユーザーが6割となっており、ネット利用者全体と比較して15%高くなっています。

「サウナ」検索ユーザーの未既婚割合
「サウナ」検索ユーザーの未既婚割合
(集計期間:2020年3月~2022年2月、デバイス:PC&スマートフォン)

 サウナは一人、もしくは友達同士で楽しむ側面が強く、また1回の入浴時間もある程度長くなるためにこのような結果となっていそうです。

 世帯年収の構成比も見てみましょう。

「サウナ」検索ユーザーの年収構成比
(集計期間:2020年3月~2022年2月、デバイス:PC&スマートフォン)

 年収構成比は全体として高所得者の構成比が高くなっています。サウナ好きをアピールする経営者も多いですが、データとしても高所得者の方がサウナを好むことが分かります。

 ここまでユーザーの属性に注目してきましたが、現在のサウナブームを牽引しているのはどの層のユーザーなのでしょうか。ユーザー属性の推移に注目したところ、特に年代構成比について大きな変化がありました。

「サウナ」検索ユーザーの年代構成比の推移
「サウナ」検索ユーザーの年代構成比の推移
(集計期間:2020年3月~2022年2月、デバイス:PC&スマートフォン)

 20代に注目すると、2020年3月頃には15%だった比率が、2022年2月には32%と倍以上になっています。このことから、現在のサウナブームを牽引しているのは20代のユーザーだと言えそうです。

 また、全体のユーザー数が3倍以上となるなか、30・40代の比率がほとんど変わっていないことから、30・40代のユーザーもかなり増加していることが分かります。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

© VALUES, Inc. All rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング