メディア

【競馬】「サクラ」の冠名を持つ競走馬であなたが一番好きな馬はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 焼き肉のたれなどを製造する食品メーカー「モランボン」をグループに持つ企業「さくらコマース」。同社が所有する競走馬には「サクラ」の名が冠されることで知られています。そんな「サクラ」の冠名を持つ競走馬は、伝統的に優れたスピードを持つ馬が多く、これまで優秀なスプリンターを中心に数々の名馬が輩出されてきました。また、「サクラ〇〇オー」というネーミングの馬が多いのも特徴的です。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では、「好きな『サクラ』の冠名を持つ競走馬は?」というアンケートを実施します。あなたの印象に残っている競走馬を教えてください。まずは数ある競走馬から4頭をピックアップして紹介しましょう!

advertisement

サクラスターオー

 1987年に皐月賞と菊花賞を優勝し、クラシック二冠を制した「サクラスターオー」。通算成績は7戦4勝で、1987年のJRA賞年度代表馬とともに、JRA賞最優秀4歳牡馬(現3歳牡馬)に選出されました。同年の有馬記念にもファン投票1位を獲得し出場したものの、故障の悲劇に見舞われてしまいます。懸命な延命治療の末に1988年に死去しましたが、その早すぎる死は現在も多くのファンから惜しまれています。

advertisement

サクラチヨノオー

 1988年の日本ダービー(東京優駿)を制した「サクラチヨノオー」。1987年には朝日杯3歳ステークスも制しており、勝負強い競走馬であることを印象付けました。しかし、日本ダービー制覇後には屈腱炎を発症し、長期休養を経験。復帰後は安田記念などに出走するも屈腱炎が再発し、残念ながら1989年に引退となりました。なお、その名前は当時人気を博していた大相撲の横綱・千代の富士にあやかって付けられたそうです。

advertisement

サクラバクシンオー

 「サクラバクシンオー」は1992年から1994年にかけて活躍した競走馬。93年および94年のスプリンターズステークスを連覇しており、94年度にはJRA賞最優秀短距離馬にも選出されました。通算成績は21戦11勝。そのうち1400m以下では12戦11勝という、スプリンターが多い「サクラ」軍団の中でも特に顕著であり、日本競馬の歴代スプリンターの中でも最強との呼び声も高い馬として知られています。引退後は種牡馬として活動し、母の父としては「キタサンブラック」などを輩出しました。

advertisement

サクラローレル

 1996年の有馬記念で優勝した「サクラローレル」。同年には天皇賞(春)のほか、中山記念、オールカマーといった重賞も制しており、JRA賞年度代表馬、JRA賞最優秀5歳以上牡馬にも選出されました。また、1997年にはフランスの凱旋門賞への挑戦を目指し、前哨戦としてフォワ賞に参戦するも残念ながら故障してしまい、そのまま引退となりました。その後は種牡馬となり、母の父として帝王賞、川崎記念、JBCクラシックなどを勝利した「ケイティブレイブ」を輩出しています。

advertisement

まとめ

 ここまで4頭の競走馬を紹介しました。先述の通り、「サクラ」の冠名を持つ競走馬の多くは優れたスピードを持ち、ファンの記憶に残る活躍をした馬が多数存在します。

 なお、選択肢には「サクラ」の冠名を持つ馬35頭を用意していますが、もし選択肢以外に投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄に馬名と投票理由をお書きください。

 また、各競走馬の好きなところや、印象に残っているレース展開、エピソードなどもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

参考

出典「Amazon.co.jp」
出典「Amazon.co.jp」

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング