メディア

【競馬】「サクラ」の冠名を持つ競走馬人気ランキングTOP28! 第1位は「サクラローレル」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年5月12日から2022年5月18日までの間、ねとらぼ調査隊では「好きな『サクラ』の冠名を持つ競走馬は?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは計541票の投票をいただきました。ご投票ありがとうございます!

 優れたスプリンターをはじめ、印象的な名馬が数多くいる「サクラ」の冠名を持つ競走馬たちの中で、最も人気を集めたのはなんだったのでしょうか。ランキングを見ていきましょう!

advertisement

第2位:サクラバクシンオー

 第2位には「サクラバクシンオー」がランクイン。サクラバクシンオーは1992年から1994年にかけて活躍した牡馬です。通算成績は21戦11勝。短距離レースで能力を発揮する生粋のスプリンターとして知られ、トップスプリンターが集結するスプリンターズステークスでは連覇を達成しました。

 特に1400m以下のレースでは12戦11勝と絶対的な強さを誇っており、日本競馬の歴代最強スプリンターに推す声も少なくありません。引退後は種牡馬として、障害レースで活躍したブランディスや、朝日フューチュリティステークスとNHKマイルカップを制したグランプリボスなどを輩出しています。

advertisement

第1位:サクラローレル

 そして第1位は「サクラローレル」でした! サクラローレルは1994年から1997年にかけて活躍した牡馬で、通算成績は22戦9勝となっています。デビュー前から度重なるケガに悩まされ続けていましたが、6歳にしてようやくその才能が開花。天皇賞(春)と有馬記念の2つのG1タイトルを手にし、年度代表馬および最優秀5歳以上牡馬に選出されました。

 そんなサクラローレルが出走したレースの中でも、三冠馬のナリタブライアンを差して優勝した天皇賞(春)や、似たような生い立ちのマヤノトップガンやマーベラスサンデーといったライバルたちと繰り広げた名勝負の数々は、多くのファンの記憶に刻まれています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「スポーツ」のアクセスランキング