メディア

「好きな日本アカデミー賞作品」ランキングTOP10! 1位は「千と千尋の神隠し」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 LINEのリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は、「好きな歴代の日本アカデミー賞作品」について調査を実施し、結果を発表しました。

advertisement

第2位:もののけ姫

画像は「スタジオジブリ」より引用
画像は「スタジオジブリ」より引用

 第2位は「もののけ姫」でした。1997年に公開された映画で、当時の日本の歴代興行収入記録を塗り替えた大ヒット作。少年アシタカと山犬に育てられた少女サンとの交流を軸に、人間と自然の共存、差別問題など多くのテーマを描いた作品です。迫力ある戦闘シーンやシシ神の住む美しい森の描写など、大画面で見たい場面がたくさんありますよね。声楽家・米良美一さんによる主題歌「もののけ姫」も印象的でした。

advertisement

第1位:千と千尋の神隠し

画像は「スタジオジブリ」より引用
画像は「スタジオジブリ」より引用

 第1位は「千と千尋の神隠し」でした。2001年に公開されました。歴代スタジオジブリ作品において、1位となる興行収入約316億円という驚異的な数字を叩き出した人気作品です。主人公の千尋が不思議な世界へ迷い込み、ハクという少年と出会い、湯屋で働くことで成長を遂げていく物語です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.