メディア

【食欲の秋到来!】秋の味覚人気ランキング発表 「ぶどう」と「梨」の2大フルーツに人気が集まる

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 旅行情報誌「じゃらん」は、「秋の味覚」に関するアンケートを実施。その結果として「秋に食べたくなる旬の味覚」人気ランキングを発表しました。

 数ある秋の味覚の中で最も人気だった食べ物はなんだったのでしょうか。ランキングの結果を、それぞれの秋の味覚が楽しめるオススメスポットと一緒に紹介します。

画像は写真ACより
advertisement

第3位:キノコ類(マツタケ含む)

 第3位となったのは、マツタケを含む「キノコ類」。キノコの王様「マツタケ」を筆頭に、シイタケやシメジ、マイタケなど、さまざまな秋の味覚が目白押しなキノコ。焼いたり汁物にしたり、天ぷらにしたりしてもおいしいですよね。

 オススメスポットである東京都の「内沼きのこ園」では、原木栽培にこだわり、時期によっては林内でも収穫できます。原木シイタケは、うま味が凝縮され、味も香りも食感も抜群。事前に予約をすれば、採りたてを七輪で焼いて食べることもでき、シイタケ以外にもさまざまなキノコを販売しています。

advertisement

第2位:梨

 第2位には「梨」がランクイン。夏から秋にかけて人気の果物である梨。さまざまな品種があり、甘味、酸味、シャリシャリした食感やジューシーさなど、それぞれに特徴があるので食べ比べしたくなりますね。

 そんな梨のオススメスポットは、新潟県の「白根大郷梨中村観光果樹園」。東京ドーム3個分の敷地で、多品種の梨がそろっています。新潟県名産の洋梨「ル・レクチェ」も人気。売店ではもぎたて果実の販売や、新鮮な果物をふんだんに使ったフルーツパフェをはじめとしたスイーツも人気です。

advertisement

第1位:ぶどう

 そして、第1位となったのは「ぶどう」でした。ブドウの王様と称される「巨峰」をはじめとする赤いぶどうから、「マスカット」などの白いぶどうまで味も種類も豊富です。特に赤いぶどうは、栄養成分であるポリフェノールが豊富なことでも知られています。

 そんなぶどうの名産地としても知られる山梨県にある、「御坂農園グレープハウス」がオススメのスポット。こちらは巨峰をはじめ、各種ぶどうが食べられる農園です。酸味のバランスがよく、糖度や品種を重視したぶどうの数々はおいしいと評判。足でぶどうを踏むワイン作り体験もできるそうですよ。

 このほかにはどんな秋の味覚がランクインしたのでしょうか。気になる方は次のページをご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.