メディア

「岡山県」で人口密度の高い街ランキングTOP30! 1位は「岡山市中区」【2020年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 約190万人の人口を擁する岡山県。その人口密度は1平方キロメートルあたり265.4人となっていますが、岡山県の市区町村のなかで特に人口密度が高いエリアはどこなのでしょうか? 今回は国勢調査のデータをもとに「岡山県で人口密度の高い街ランキング」を紹介します。

(出典:総務省統計局「令和2年(2020年)国勢調査」

advertisement

第2位:早島町(1623.1人/平方キロメートル)

画像:写真AC

 第2位は早島町でした。人口密度は1平方キロメートルあたり1623.1人です。

 早島町は岡山県の南中央部にあり、岡山市と倉敷市に隣接しています。2020年時点での人口は1万2368人、面積は7.62平方キロメートルです。早島町は岡山県内で最も面積が小さい自治体であり、東京23区の台東区(10.11平方キロメートル)よりも狭いエリアとなっています。

advertisement

第1位:岡山市中区(2912.4人/平方キロメートル)

画像:PIXTA

 第1位は岡山市中区でした。人口密度は1平方キロメートルあたり2912.4人です。

 岡山市中区は岡山市の行政区の1つであり、岡山市の北区、東区、南区と隣接しています。2020年時点での人口は14万9232人、面積は51.24平方キロメートルです。中区は岡山市の行政区の中で最も面積の小さいエリアとなっており、そのことが高い人口密度の要因となっていると考えられます。ちなみに同じ岡山市で次に人口密度の高い南区は1平方キロメートルあたり1316.5人でした。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング