メディア

【スーパー戦隊シリーズ】2000年代に放送された「スーパー戦隊」で一番好きな作品はどれ?【2022年版人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ウルトラマンシリーズ、仮面ライダーシリーズと並ぶ日本の人気特撮テレビドラマ「スーパー戦隊シリーズ」。2000年代には、いわゆる「平成仮面ライダー」シリーズの放送が開始され、スーパー戦隊と共に日曜日の朝(ニチアサ)を熱くさせる「スーパーヒーロータイム」として多くのファンを虜にしました。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では、「2000年代のスーパー戦隊シリーズで一番好きな作品は?」というアンケートを実施します。それぞれ異なる魅力があるスーパー戦隊シリーズの中で、あなたが最も好きな作品をぜひ教えてください! それではまず、2000年代のスーパー戦隊シリーズ全10作品のうち3作品を紹介します。

advertisement

未来戦隊タイムレンジャー

出典「Amazon.co.jp

 未来人である時間保護局の隊員と現代の若者が協力し、30世紀から逃げてきた犯罪者を捕まえるため戦う作品。タイムトラベルというSF要素に恋愛や犯罪の話を絡めるなど、シリーズの中ではかなり大人向けの作品です。

advertisement

特捜戦隊デカレンジャー

出典「Amazon.co.jp
スーパー戦隊シリーズ 特捜戦隊デカレンジャー コンプリートBlu‐ray1 [Blu-ray]"

スーパー戦隊シリーズ 特捜戦隊デカレンジャー コンプリートBlu‐ray1 [Blu-ray]

載寧龍二, 林剛史, 伊藤陽佑, 木下あゆ美, 菊地美香, 吉田友一
16,908円(08/15 21:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

 宇宙人との交流が当たり前になった地球を舞台に、宇宙警察スペシャル・ポリス・デカレンジャーの活躍を描いた作品。地球侵略などを目論む巨大な悪の組織との対決が主軸となる他の作品とは趣が異なり、主に個々の目的で動く犯罪者との対決が描かれるのが本作の大きな特徴です。

advertisement

炎神戦隊ゴーオンジャー

出典「Amazon.co.jp

 乗り物と動物をモチーフとし、人間たちが暮らす世界に現れた機械生命体・ガイアークとの戦いを描いた作品。わかりやすい人間関係とエピソードに加え、子どもが大好きな乗り物と動物を組み合わせたロボが登場するなど、小さい子どもでも楽しめる明るい作風になっています。

advertisement

2000年代に放送された「スーパー戦隊」で一番好きな作品はどれ?

 2000年代に放映されたスーパー戦隊シリーズから3作品を紹介しました。もちろんこのほかの戦隊もいずれも名作ばかりです。投票対象は2000年~2009年までに放送された10作品。ぜひ、あなたが好きな2000年代のスーパー戦隊にご投票ください。また、各作品の好きなポイントや熱いメッセージなどもコメント欄にお寄せください! それではアンケートへのご協力、よろしくお願いします!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング