【テレ朝】「木曜ミステリー」で一番好きなドラマはなに?【2022年版人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1999年からテレビ朝日で毎週木曜日に放送されている「木曜ミステリー」枠では、毎シーズン個性豊かなミステリードラマを放送中。長く続いているシリーズもあり、視聴者の間ではすっかりおなじみになっている作品も多いですよね。現在は「警視庁・捜査一課長」のシーズン6が放送中となっています。

 そこで今回は、「『テレ朝木曜ミステリー』で一番好きなドラマはなに?」というアンケートを実施します。あなたが好きな「木曜ミステリー」作品を教えてください! まずは、おなじみのシリーズ化作品から3つのドラマを紹介します。

advertisement

科捜研の女

 21シリーズにわたり放送されている長寿ドラマ「科捜研の女」。沢口靖子さん演じる榊マリコは、京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医学研究員。科捜研のメンバーや監察医の風丘早月、そして京都府警の刑事である土門薫たちと連携しながら、「科学は嘘をつかない」をモットーに数々の難事件を科学的観点から追求していきます。

 法医学のみならず物理学やデータ解析、文書鑑定等のプロが集結し、最新の科学技術を駆使して解決に導くのが特徴です。

advertisement

遺留捜査

 「遺留捜査」は2011年から2021年まで、6シリーズと10本のスペシャルドラマが制作された作品。第4シリーズから「木曜ミステリー」で放送されるようになりました。

 主演となる上川隆也さんが演じるのは、非常にマイペースな刑事・糸村聡。糸村は遺留品へのこだわりが強い一方、独断的な行動や周囲への配慮に欠けるところがあり、同僚や関係者を翻弄する一面も。そんな糸村が事件現場に残された遺留品と向き合い、容疑者や被害者の心情や事件の背景を紐解いていきます。

advertisement

京都地検の女

 「京都地検の女」は、2003年から2013年まで10年間にわたり放送されたシリーズ。名取裕子さん演じる京都地検の検事・鶴丸あやが、女性として、また娘を持つ母親として、独自の視点で事件を追及していきます。プライベートでは商店街で友人たちと井戸端会議をするような主婦ですが、事件になると「主婦の勘」を頼りに動き、周りを巻き込みながらも解決に導きます。どこまでも自分の道を行く鶴丸が、上司や警察と衝突しつつ突き進む姿が痛快です。

advertisement

「テレ朝木曜ミステリー」で一番好きなドラマはなに?

 「木曜ミステリー」でシリーズ化されている作品から、3作品を紹介しました。どの作品も事件に対する切り口の斬新さや、主人公がとても魅力的でつい見続けたくなりますよね。また、事件解明への道のりだけではなく、登場人物たちの軽妙なやりとりも随所に差し込まれており、視聴者を飽きさせない工夫も凝らされています。

 あなたの好きな「木曜ミステリー」ドラマへの投票をお願いします! 作品に対するコメントもお待ちしています!

出典「Amazon.co.jp
科捜研の女 -劇場版- [Blu-ray]"

科捜研の女 -劇場版- [Blu-ray]

沢口靖子, 佐々木蔵之介, 若村麻由美, 風間トオル, 金田明夫, 渡辺いっけい, 小野武彦, 戸田菜穂, 斉藤暁, 西田健
4,049円(04/20 09:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング