メディア

「23卒文系学生」就職希望企業ランキングTOP10! 1位は「損害保険ジャパン」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 就職情報や採用サービスを提供しているディスコが、「キャリタス就活2023就職希望企業ランキング」を発表しました。この調査は、新卒向け就職メディア「キャリタス就活2023」の会員となっている大学3年生と修士1年生計5298人を対象に行ったもの。就職希望企業として挙がった企業に対し志望度順にポイントを付け、その総ポイント数をもとにランキング化しています。

 今回は、その中でも文系の学生に関するランキングを紹介します。どの企業が人気を集めていたのか、さっそく結果を見ていきましょう。

(出典元:ディスコ「キャリタス就活2023就職希望企業ランキング」

advertisement

第2位:東京海上日動火災保険

 第2位は「東京海上日動火災保険」。前身の一つである「東京海上保険」は、日本初の保険会社として誕生しました。設立当初は海上保険を中心に扱っていましたが、1914年には自動車保険の営業認可を日本で初めて受けており、現在もさまざまな保険商品を提供しています。

 同社では、ダイバーシティ&インクルージョンの推進を成長戦略の柱と位置付けており、女性社員に向けた「ジェンダーギャップの解消」の取り組みや、全社員を対象とした「LGBT等の理解促進研修」などの施策を実施。そのほか育児との両立を支援する「ママパパ☆キャリアアップ応援制度」など、あらゆる人が働きやすい環境を積極的に整えています。

advertisement

第1位:損害保険ジャパン

 第1位は「損害保険ジャパン」でした。数々の保険会社との合併を経て生まれた「損害保険ジャパン」は、数々の事業を展開する「SOMPOホールディングス」の中核企業。自動車保険や火災保険、地震保険などを取り扱っています。

 そんな損害保険ジャパンでは、社員の健康維持・増進を経営の重要テーマとしており、「働きがいを実感できる職場づくり」や「生活習慣病発症・重症化予防対策」などの取り組みを実施。また希望の部署に応募できる社内公募制度「チャレンジコース」などがある「ジョブ・チャレンジ制度」を設けたり、配偶者の転勤や家族の介護などでやむを得ず転居することになった際、一定条件を満たすことで勤務地を変更して仕事を続けられる「キャリア・トランスファー制度」を利用できたりと、社員の挑戦を支援する制度も多数用意しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.