メディア

「金田一耕助」シリーズの作品人気ランキングTOP20! 1位は「悪魔の手毬唄」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

第3位:獄門島

出典「Amazon.co.jp
金田一耕助ファイル3 獄門島 (角川文庫)"

金田一耕助ファイル3 獄門島 (角川文庫)

横溝 正史
413円(08/17 17:11時点)
発売日: 2001/10/12
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:犬神家の一族

出典「Amazon.co.jp
犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)"

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)

横溝 正史
748円(08/17 17:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

解説

 第2位となったのは、175票を集めた「犬神家の一族」。金田一耕助の登場する作品のなかでは映像化回数が多く、特に1976年に公開された市川崑監督による石坂浩二さん主演の映画でよく知られる作品です。

 物語は、製糸業で財を成した信州の大財閥の当主・犬神佐兵衛の残した財産を巡る争いのなかで起こる連続殺人事件を描いたもの。犬神家に伝わる家宝、斧・琴・菊(よき・こと・きく)になぞらえた見立て殺人や、ゴムマスクを着用した「スケキヨ」、そして湖に突き刺さった逆さまの死体など、インパクト抜群のシーン満載で、今も多くの人に愛される作品となっています。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.