メディア

【NHK朝ドラ】「2000年代の連続テレビ小説の主題歌」人気ランキングTOP18! 1位はKiroroの「Best Friend」(ちゅらさん)に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2022年4月16日から4月22日までの間、ねとらぼ調査隊では「『2000年代の連続テレビ小説の主題歌』で好きな曲はなに?」というアンケートを実施していました。

 2000年代、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の世界を彩ってきたさまざまな曲の中には、大きなヒットとなったものも少なくありません。そんな2000年代の朝ドラの主題歌のうち、人気を集めたのはどんな曲だったのでしょうか?

 今回のアンケートでは計250票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:福山雅治「泣いたりしないで」(わかば)

出典「Amazon.co.jp
泣いたりしないで"

泣いたりしないで

250円(07/01 05:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は福山雅治さんの「泣いたりしないで」(わかば)でした。得票数40票、全体の16%となる票を獲得して2位にランクイン。

 2004年9月27日~2005年3月26日まで放送された「わかば」は、兵庫と宮崎を舞台に“街と家族の再生”がテーマとなった作品。阪神・淡路大震災で父親を亡くしたヒロインが、挫折を経験しつつも自分の理想に向かって進んでいく姿が描かれています。

 そんな作品のオープニングを彩った福山さんの「泣いたりしないで」は、アコースティック・ギターがメインのバラードで、ドラマの内容に合わせ「再生」を歌った曲となっています。

advertisement

第1位:Kiroro「Best Friend」(ちゅらさん)

出典「Amazon.co.jp
Best Friend"

Best Friend

250円(07/01 05:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位はKiroroの「Best Friend」(ちゅらさん)でした。得票数85票、全体の34%となる票を獲得して堂々の1位に輝いています。

 2001年上半期に放送された「ちゅらさん」の主題歌、Kiroroの「Best Friend」。ミディアムテンポなバラードに乗せ、親友への感謝の思いを真っすぐな歌詞でつづった曲です。学校の教科書に掲載されていたり、卒業式や結婚式など人生の門出で使用されたりするため、リリースから20年以上経った今でも耳にする機会は多いのではないでしょうか。

 コメント欄では「ちゅらさんや沖縄のイメージにぴったりな曲」との声が寄せられました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング