メディア

「愛知県」で住宅地の価格が高い街ランキングTOP30! 1位は「名古屋市中区」【2022年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本有数の都市である名古屋市を擁する「愛知県」。2022年4月時点では748万9040人が暮らしています。そんな愛知県において、各自治体や行政区の住宅地の価格はいくらなのでしょうか。

 そこで今回は、国土交通省「令和4年地価公示」をもとに「愛知県で住宅地の価格が高い街ランキング」を紹介します。なお、このランキングは「愛知県における1平方メートルあたりの住宅地の平均価格が高い市区」を順位化したものとなっています。

(出典:国土交通省「令和4年地価公示」

advertisement

第2位:名古屋市東区(44万2500円/平方メートル)

 第2位は「名古屋市東区」でした。住宅地の平均価格は44万2500円/平方メートルです。

 東区は名古屋市の行政区の1つで、2022年4月時点で4万6329世帯、人口8万4893人が暮らしています。面積は市内の中で最も小さく、7.71平方キロメートル。東区の人口密度は約1万1011人/平方キロメートルで、名古屋市全体の人口密度(約7099人/平方キロメートル)を大きく上回り、市内の中で最も高くなっています。

 北西部から中央にかけて住宅地が広がっており、特に名鉄瀬戸線の「東大手」駅の東側にある「白壁地区」は、江戸時代に武家屋敷街があった歴史あるエリア。現在は市内でも有数の高級住宅街として知られています。

advertisement

第1位:名古屋市中区(93万8600円/平方メートル)

 第1位は「名古屋市中区」でした。住宅地の平均価格は93万8600円/平方メートルです。

 中区も名古屋市の行政区の1つで、2022年4月時点で6万4987世帯、人口9万4183人が暮らしています。面積は9.38平方キロメートルと市内で3番目に小さく、また人口密度は約1万41人/平方キロメートルと、市内では東区の次に高くなっています。

 中区内にはJRや市営地下鉄など複数路線が通っていることから交通アクセスの高さが魅力。三越や松坂屋といった商業施設の集まる繁華街・栄や、約1200のさまざまなお店が軒を連ねる「大須商店街」などがあり、生活利便性の高い街となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.