メディア

【スカーレット 第17週】炎に魅入られた喜美子、八郎との亀裂、荒木荘の面々との再会……そして再出発

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

  滋賀・信楽で育った少女が、やがて男性ばかりの陶芸家の世界に飛び込み、自分だけの陶芸を目指していく物語「スカーレット」。今週も視聴者の評価と感想をお届けします。

advertisement

「スカーレット」第17週(1月27日~2月1日放送)のあらすじ

 喜美子(戸田恵梨香)は、眠りながら寄り添う八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)を見て動揺するが、ひとり穴窯と向き合い、目標温度を達成する。ひと安心した朝、鮫島(正門良規)がやってきて、電話で直子(桜庭ななみ)に公開プロポーズする。

 一方、三津は、八郎への思いを隠し川原家を去る。その翌日、取り出した穴窯の作品は焼きが足らず失敗。さらに2回目も失敗してしまう。多額のまき代がかかる穴窯での作品作りを続けるため、武志の貯金まで使おうとする喜美子。八郎は反対するも喜美子は聞く耳を持たず、八郎はついに武志を連れて家を出る。

 聞きつけた照子(大島優子)が怒り心頭で説得するが、喜美子は穴窯を成功させることしか頭にない。度重なる失敗に絶望した喜美子は、百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)の勧めで大阪のちや子(水野美紀)を訪ねる。

 そこには、歌手として成功した雄太郎(木本武宏)、大久保(三林京子)、さえずりのマスター(オール阪神)の姿が。大阪時代を支えてくれた人たちとの再会が喜美子を励まし、信楽に戻った喜美子はもう一度、穴窯に挑戦する決意を固める。 (「スカーレット」公式サイトより)

(C) NHK
advertisement

「スカーレット」第17週のネット上での評価

 ネット上での『スカーレット』第17週の評価は、「ポジティブ」が 77.9%となりました。

advertisement

第17週最大の盛り上がりポイントは1月29日。喜美子と八郎の進む道が違えた第99話でした。

 スカーレット第17週で、もっとも盛り上がったのは、1月29日。借金をしてでも三回目の釜炊きを行いたい喜美子と、なんとか説得し止めさせようとする八郎。二人の間には大きな溝が生まれてしまい、八郎が武志を連れて出ていくと告げた第99話でした。

advertisement

「今やから言うけど、穴窯やりたい」

 二度目の窯炊きに失敗し、八郎は経済的な負担により穴窯は中断しようと喜美子を説得します。喜美子は八郎の言葉に耳を傾けるも、険悪な空気に……。この空気を一気に変えたのは、結婚について報告をしに訪れた信作と百合子でした。2人の登場に、ネット上では「ではご覧ください。今日の信作劇場」「喜美子の前では、ピエロになって喜美子の幸せを願う信作」や「信作のご挨拶はあれで良かったのか?」など、視聴者はほっこりした様子でした。

 信作と百合子を見送った後、落ち着きを取り戻した喜美子と八郎は縁側に座り、「『今やから言うけど』やる?」と“今だから言えること”を言っていく流れに。ニンジン嫌い暴露する八郎に対し、穴窯を続けたいと喜美子が本音を吐露しました。これに対しネット上では「芸術とは何か、芸術をする者の生き様とは、業とは何か。本物のスパルタ朝ドラだ……」といったコメントが見られました。

 そして八郎は「わかってくれたんちゃうんか……」と、語気を強め、息子の武志を連れて出ていくと言い、家を出ました。

advertisement

照子、必死の説得も三度目の釜炊き

 三度目の釜炊きへの執着から、周りが見えなくなっている喜美子。武志を預かっていた幼なじみの照子が説得を行いますが、喜美子はそれを聞き入れようとしません。これに対し、Twitter上では「照子は『目ぇ覚ませ』と言ったけど逆で、喜美子は目覚めてしまったんだと思う」「照子が選んでる道も尊重されるものだよ」など、さまざまな感想が見られました。

 しかし、三度目の釜炊きも失敗。茫然自失とした喜美子に対し、ずっと複雑な思いで見守っていた百合子と信作は、大阪に行くよう勧めます。喜美子を思う百合子の想いに、「百合子の提言を聞き入れた方が良いよ」「大阪で転換点を迎えるんだろうか」といった、百合子と信作の優しさに対する声や、喜美子を心配する声が多数見られました。

advertisement

大阪での再会

 息子の武志と大阪を訪れた喜美子。久しぶりの大阪を満喫したあと、働く女性の待遇改善を目指して活動中のちや子の事務所へ。喜美子にとって姉のような存在であるちや子の登場に、Twitterでは「ちや子さんが出てくると嬉しい」など、多くの視聴者が喜びをツイートしました。また、ちや子と同じく荒木荘の住人だった雄太郎は、信楽太郎としてヒット曲を持つ歌手に。作中で流れた「さいなら」に「あかん。『さいなら』何度聴いても涙が止まらん」「信楽太郎さんに泣かされた」といった感想が。

 翌日、ちや子の事務所で一堂に会した荒木荘の面々。中でも、視聴者人気が高かった「大久保さん」の登場にTwitter上は歓喜。「大久保さんの顔見た瞬間に自分も泣いてしまった」「大久保さん。何だろう、この顔を見ただけで泣けてる感じと安心感」など喜美子にとっても、視聴者にとっても、大久保さんは特別な存在であるようです。

advertisement

まとめ

 スカーレット第17週は、喜美子と八郎の夫婦関係に亀裂が入った週でした。当初、こんな展開を迎えるとは想像していなかった視聴者も多く、複雑な想いで見守った様子がうかがえます。また、喜美子にとって大きな転換期を迎えた週でもありましたが、再び大阪で懐かしの面々に会い、気持ちを入れ替える流れに、18歳だった頃の喜美子を思い出した視聴者も多かったようです。

advertisement

次回は……

 大阪から戻った喜美子は、穴窯のまき代を捻出するため、借金をすることに。その間、八郎と別居していることが噂となり、仕事も減少。そんな喜美子の前に、恩師である草間(佐藤隆太)が現れ、決意を新たに固めます。6回の失敗を経て、7回目、ついに喜美子は目指していた焼き色を再現しますが……。

今回紹介した「連続テレビ小説『スカーレット』」はAmazonプライム・ビデオで視聴できます。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.