メディア

魚の骨がのどに刺さったときの対処法は? 医師が回答

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「魚の骨が刺さったときの対処法」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

 番組に寄せられた健康の疑問『先日、魚の骨がのどに引っ掛かりました。いきなりの痛みでとても慌ててしまいました。幸い、すぐに取れてよかったのですが、魚の骨が刺さったときの正しい対処法を教えてください』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

advertisement

日本健診財団監修による解説

 骨が刺さったときは、口を大きく開けて口腔内を観察してみてください。もしも、刺さっている骨が目に見えて取り除けそうな場所にあれば、清潔なピンセットなどで取り除くことができます。

 ただし、骨が刺さっているのが目で確認できないときは、見えにくい場所に刺さっているか、すでに抜けていて痛みだけが残っているという可能性もあります。

 痛みが続くときや出血がみられるときは、病院を受診なさってください。

 なお、昔は『骨が刺さったときは、ごはんを飲み込みなさい』と言われたことがあるかも知れませんが、これは危険です。ごはんをのどに詰まらせて窒息したり、骨がさらに奥深くに刺さってしまうこともあるので、おやめいただきたいです。

協力:医療ライター・横井かずえ
監修:日本健診財団

advertisement

番組情報

健康あるあるWONDER4
毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30番組HP
健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。
定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.