メディア

「松坂桃李」出演ドラマで好きな作品は?【2022年版・人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2009年放送の「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビューして以降、映画やドラマで活躍中の松坂桃李さん。コミカルな役からシリアスな役までさまざまな役を演じ分けており、高い演技力に定評があります。2020年には女優の戸田恵梨香さんとの結婚を発表したことでも話題となりました。

 そこで今回は、「松坂桃李さんの出演ドラマで好きな作品は?」というテーマでアンケートを実施します。ここではまず、ファンから人気の高い3作品を見てみましょう。

advertisement

あのときキスしておけば

出典「Amazon.co.jp」
あのときキスしておけば DVD-BOX"

あのときキスしておけば DVD-BOX

松坂桃李, 井浦 新, 三浦翔平, 猫背 椿, 六角慎司
16,149円(07/05 13:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

 2021年放送の「あのときキスしておけば」では、主人公の桃地のぞむを演じました。のぞむは大好きな漫画の作者である唯月巴とひょんなことから出会い恋に落ちるものの、飛行機事故により巴は命を落としてしまいます。しかし、なぜか巴は井浦新さん演じるおじさんの体に乗り移ってしまい……という笑って泣けるラブストーリー。終盤でやっとキスできた2人の姿にはじんと来るものがありましたよね。

advertisement

パーフェクトワールド

 有賀リエさんの漫画を原作としたドラマ「パーフェクトワールド」では、不慮の事故で脊髄を損傷し、車椅子で生活している鮎川樹を演じました。山本美月さん演じる高校の同級生・川奈つぐみと仕事をきっかけに再会し、お互いに惹かれ合うようになります。さまざまな壁や困難に打ち勝って結ばれる2人の姿は、涙なしには見られませんよね。

advertisement

ゆとりですがなにか

 「ゆとりですがなにか」は、「ゆとり世代」と揶揄されるアラサー男性3人が、仕事や恋に迷いながら成長していく姿を描いたドラマです。松坂さん演じる山路一豊は、女性経験がない小学校の先生。宮藤官九郎さんが脚本を務めており、岡田将生さんや柳楽優弥さんとの息のあった掛け合いは必見です。

advertisement

「松坂桃李」出演ドラマで好きな作品は?

 今回紹介した作品以外にも、デビュー作の「侍戦隊シンケンジャー」や「視覚探偵 日暮旅人」「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」など、多くの人気作に出演している松坂桃李さん。あなたにとって最もお気に入りの作品を、理由も合わせて教えてください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング