メディア

「私立大学の学生が多い都道府県」ランキング! 1位は「神奈川県」【2021年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本の大学を大きく3つに分けると国立大学・公立大学・私立大学の3種類となります。特に私立大学は2021年時点で592校と数が多く、全国各地に点在しています。そんな中で、私立大学に通う学生の割合が高いのはどの都道府県でしょうか。

 今回は文部科学省「学校基本調査」をもとに、2021年度の「私立大学の学生が多い都道府県ランキング」をお届けします! さっそく結果を見ていきましょう。

※本ランキングは、「所属学部・学科がおかれているキャンパスが各都道府県内にある学生」のうち、私立大学のキャンパスに通う学生の割合を比較し、順位化したものです。

(出典:文部科学省「学校基本調査」

advertisement

第2位:埼玉県(91.11%)

 第2位は埼玉県でした。埼玉県の私立大学生の割合は91.11%です。

 今回のランキングにおける全国平均の値は74.03%でしたが、埼玉県はそれを大きく上回っており、県内の大学生の9割以上が私立大学生となっています。

 埼玉県は、国公立大学の医学部がない数少ない県の一つです。そのことや、東京都・神奈川県・千葉県などから通学しやすいという立地も、私立大学生の割合が高い理由だと考えられます。

advertisement

第1位:神奈川県(91.23%)

 第1位は神奈川県でした。神奈川県の私立大学生の割合は91.23%です。

 2位の埼玉県に続いて、1位も関東1都3県のエリアからランクインするかたちとなりました。ちなみに3位は東京都(88.58%)、4位は千葉県(85.70%)です。

 神奈川県内には、慶應義塾大学の日吉キャンパス・湘南藤沢キャンパス、日本大学の湘南キャンパスなど、大規模な私立大学のキャンパスが数多くあるので、1位になったのは納得の結果かもしれません。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「大学」のアクセスランキング