メディア

「高橋留美子の漫画作品」メインヒロイン人気ランキングTOP8! 第1位は「ラム(うる星やつら)」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1978年に『勝手なやつら』でデビューして以来、数々の人気作品を生み出してきた高橋留美子さん。個性豊かな登場人物が多く、特に主人公とヒロインの関係性が魅力的です。

 2022年5月12日から5月18日までの間、ねとらぼ調査隊では「『高橋留美子作品』で一番好きなメインヒロインは?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、高橋留美子さんの代表的な連載作品を中心とした、各作品におけるメインヒロイン8人。好きなヒロインが投票項目にいない場合は「その他」に投票のうえ、コメントでキャラクター名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは計1532票の投票をいただきました。ご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:音無響子(めぞん一刻)

めぞん一刻〔新装版〕(1) (ビッグコミックス)"

めぞん一刻〔新装版〕(1) (ビッグコミックス)

高橋留美子
693円(07/02 00:04時点)
発売日: 2007/04/27
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は『めぞん一刻』のメインヒロイン、音無響子でした。得票数は411票。 1980年から『ビッグコミックスピリッツ』にて連載されていた作品です。

  アパート「一刻館」を舞台に、主人公の五代裕作と、管理人である音無響子を中心に繰り広げられるラブストーリー。1986年にはテレビアニメ化され、その後は実写映画化やドラマ化も果たしています。

 ヒロインの音無響子は、結婚から半年足らずで夫の惣一郎を亡くした未亡人。失意の中、アパート「一刻館」の管理人として働くことになります。住民の五代から好意を寄せられますが、当初は亡くなった主人への思いが忘れられず、葛藤する姿が描かれました。

advertisement

第1位:ラム(うる星やつら)

うる星やつら〔新装版〕(1) (少年サンデーコミックス)"

うる星やつら〔新装版〕(1) (少年サンデーコミックス)

高橋留美子
528円(07/02 00:04時点)
発売日: 2006/11/17
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は『うる星やつら』のメインヒロイン、ラムでした。得票数は461票。1978年から『週間少年サンデー』で連載されていた作品です。

 浮気者の高校生・諸星あたると、彼に惚れる宇宙人・ラムを中心としたラブコメディ作品。ラムは、「うる星」から地球を侵略するためにやってきた鬼族の宇宙人で、「うち」という一人称や、「だっちゃ」という語尾が特徴的です。諸星あたるを「ダーリン」と呼んでいます。

 漫画は人気を博し、1981年にテレビアニメ化されました。また、小学館創業100周年記念として、2022年10月から完全新作アニメが放送される予定です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.