メディア

「中国・四国の泊まって良かったホテル」ランキングTOP10! 1位は「遊山 四万十 せいらんの里」【2022年3月時点/じゃらん】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 温泉、夕食、観光地、お土産など、旅行の楽しみはたくさんありますよね。出かける前から、あのお店や観光スポットに寄ろう、あのお土産を買って帰ろうなど、想像して楽しんでいる人も多いと思います。

画像:写真AC

 今回は、リクルートが運営する旅行予約サイト「じゃらんnet」の協力のもと、「中国・四国の泊まって良かったホテル」ランキングを紹介します。ランキングは、じゃらんnetに投稿されたクチコミの「総合」の評点をベースに作成。集計期間は2021年4月1日~2022年3月31日までの1年間で、該当するクチコミが15件以上の宿泊施設が対象です。なお同点だった場合は、クチコミ投稿数の多い施設が上位となります。

 それではさっそくランキングを見てみましょう!

(出典:じゃらんnet「中国・四国/泊まって良かった(総合)宿ランキング」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第2位:ホテルプロモート広島(広島県)

 第2位は「ホテルプロモート広島」でした。土橋駅から徒歩3分、繁華街やコンビニが近い便利な立地のホテルです。客室は全26室。電子レンジや流し台を備えたミニキッチン付きのラグジュアリーツインや、レジャーやビジネスに重宝するスタンダードツインなど、3タイプから選べます。全室バス・トイレ別のゆったりした造りで、快適な眠りをサポートするためシモンズのベッドを導入。ラウンジには電子レンジやコインランドリーも完備しており、長期の滞在でも気持ち良く過ごせます。

advertisement

第1位:遊山 四万十 せいらんの里(高知県)

 第1位は、2021年7月オープンの「遊山 四万十 せいらんの里」でした。目の前には四万十川という開放感あふれる場所に立っているホテルで、ふるさとに帰ってきたかのような温かい雰囲気を感じられます。全部で6室のぬくもりある客室は、高知産の木材を使用。和モダンの落ち着きある部屋で四万十川のせせらぎを聞きながら、ゆったりした時間を過ごせます。オープンキッチンのレストランでは、地産地消を心がけた料理を提供。テラスからは四万十川の源流や不入山を望め、自然の中で日ごろの疲れを癒やせます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.