メディア

「千葉県のナンバープレート」人気ランキングTOP10! 1位は「習志野」!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 車を購入して公道を走らせる際に必要となるナンバープレート。表記される地名は車庫証明書に記載する「使用の本拠の位置」で事務的に決定されます。一方で、現在ではご当地ナンバーなども全国各地で作られ、こだわりをもっている人も多くいます。

 そこで、2022年5月17日から5月24日まで、ねとらぼ調査隊では「『千葉県のナンバープレート』でかっこいいと思う地名はどこ?」というアンケートを実施していました。

 今回は総数2万384票もの投票をいただきました。ありがとうございます。さっそく結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:千葉

画像:PIXTA

 第2位は3288票を集めた「千葉」です。千葉市や銚子市を中心に多くの市町を含む幅広い地域の車につけられているナンバーです。県名でもあるためわかりやすいのがいいですよね。2006年にご当地ナンバーとして「成田」が導入され、成田市周辺の住民は千葉ナンバーから外れることになりました。

 コメント欄では「千葉県は千葉でしょう」「全国何処に行っても説明不要だから」「千葉ナンバーが一番しっくり来る」との声が挙がっています。

advertisement

第1位:習志野

画像:PIXTA

 第1位は4825票を集めた「習志野」です。習志野市や鎌ケ谷市、浦安市などを含む広い地域の車につけられているナンバーで、東京都内でもよく見かけるナンバーとなっています。「習志野」という地名は明治天皇が命名したとの説もある歴史のある地名であり、それも魅力の一つですね。

 2020年にはご当地ナンバーとして、「船橋」と「市川」が誕生したことで、両市の車は習志野ナンバーから外れています。

 コメント欄では「習志野高校が甲子園で活躍していた頃、日本全国どこへ行っても話の種にされました」との声が挙がっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.