メディア

【投票結果】最も自宅で使われているテレビのメーカーが決定! 3位のシャープ、2位の東芝を抜いて1位に輝いたメーカーは?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

  私たちの生活を豊かにしてくれる家電の一つである「テレビ」。最近ではAIを搭載したスマートテレビなど、さまざまな機能のついたテレビが生まれています。

 そこで、ねとらぼ調査隊では10月19日から11月18日まで、「あなたの自宅で使っているテレビのメーカーは?」というアンケートを実施していました。

 数あるメーカーの中で、最も使われているテレビのメーカーはどの企業だったのでしょうか。

 今回のアンケートでは683票の投票をいただきました。ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

SONY公式サイトより引用

TOP3は?

 まずはTOP3を紹介。上位3社だけで、投票総数の7割近くを占める結果となりました。

順位項目名票数
1SONY184
2東芝152
3シャープ142
advertisement

第3位:シャープ

 第3位となったのは「シャープ」。得票数は142票で、得票率は20.8%でした。

 シャープの看板ブランドである液晶テレビ「AQUOS」シリーズ。かつてシャープ亀山工場で製造された液晶テレビは「世界の亀山モデル」として知られ、「液晶と言えばシャープ」と高い評価を得るようになりました。

 そんなシャープが展開するAQUOSは、色彩豊かな画面の美しさやサウンドシステムも魅力。また、近年のモデルではGoogleアシスタント対応のリモコン、スマートフォン、スマートスピーカーなどによる音声操作が可能な機能も搭載されています。

advertisement

第2位:東芝

 第2位には「東芝」がランクイン。得票数は152票で、得票率は22.3%でした。

 東芝の液晶テレビと言えば、2006年から展開するブランド「REGZA」シリーズ。その大きな特徴は見逃した番組を再生できる録画予約機能「タイムシフトマシン」の搭載でしょう。さらに一部のモデルには、AIが自動で画質調整する機能も搭載されています。

advertisement

第1位:SONY

 そして、1位となったのは「SONY」。得票数は184票、得票率は26.9%で、およそ3割近くの人が使っていると回答しました。

 SONYが展開する液晶テレビブランド「BRAVIA」は、2005年から登場。かつては赤字続きだったというSONYのテレビ事業でしたが、起死回生として投入した本シリーズにより売り上げが回復。以降は好調を維持しながら、現在に至っています。

 BRAVIAは美麗な映像はもちろん、オーディオに強いSONYらしい良質な“音”が大きな魅力。臨場感ある音響が楽しめるため、映画鑑賞やライブ映像の視聴にも最適なところが、高い人気につながっているのかもしれませんね。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.