メディア
画像:写真AC

東京の「牛丼がうまい店」8選! 一番好きな店はどこ?【人気投票実施中】

画像:写真AC
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 “庶民の見方”のイメージがある牛丼は、チェーン店のように300円台で食べられるものから、中には2000円近くする豪勢なものまで、価格帯が幅広いメニューです。今回は「東京の牛丼がうまい店」というテーマについて考えてみましょう。

画像:写真AC
advertisement

東京の「牛丼がうまい店」

 東京の牛丼がうまい店としてよく名前が挙がるのは、秋葉原の牛丼専門店である「サンボ」。通常の牛丼のほか、豆腐や白滝を加えてすき焼きのように食べられる「お皿」が人気の老舗です。同じく老舗を見てみると、新橋の「なんどき屋」(1963年創業)は豆腐が乗った美しい盛り付け。築地市場の「きつねや」(1947年創業)はホルモン丼と牛丼がどちらも名物です。

 個性的な牛丼が食べられるお店では、「たつ屋 新宿店」の「かつ牛丼」が人気。650円でかつ丼と牛丼の両方の味が楽しめます。早稲田大学目の前の「三品食堂」は、店名の通り牛めし、とんかつ、カレーの三品を自由に組み合わせて食べられるワセメシの老舗。また、旧「牛丼太郎」チェーンの味を受け継ぐ最後のお店こと「丼太郎 茗荷谷店」は、今でも牛丼一杯330円で味噌汁まで付いてきます。

 高級路線を見てみると、「浅草今半 国際通り本店」の「百年牛丼」(1870円)や、老舗すき焼き屋が東京駅に出店した「豚捨」の「牛丼 並」(1390円)があります。豚捨の牛丼はさらに上のグレードもあり、最上級の「伊勢肉 特上牛丼」はなんと4000円。チェーン店の牛丼が10杯食べられるお値段の、珠玉の一品です。

 このほかにもまだまだある、東京の牛丼がうまい店。あなたが一番好きなお店はどこですか? コメント欄に書き込んで教えてください!

advertisement

投票方法

 投票は、この記事のコメント欄に直接書き込む方式でお願いします。集計のため、投票したい項目は下の「名前欄」に記入してください。上の「本文欄」では、投票した理由を教えてください。

名前欄に「投票したい項目」、本文欄に「投票理由」

(例)
【本文欄】がっつり「赤玉ミックス」で食べるのが最高!
【名前欄】三品食堂

 編集部が選んだ、東京の「牛丼がうまい店」8選は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.