メディア

「人生観が変わった漫画」ランキングTOP17! 1位は「SLAM DUNK」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 物語の中で繰り広げられる、心を揺さぶる感動のストーリーや鮮烈な描写は、時に人々の人生観まで変えるほどの力を持っていますよね。皆さんはそんな作品に出会ったことがありますか?

 今回はドラマ口コミサイト「TVログ」内のドラマ情報Webマガジン「TVマガ」が調査・発表した「人生観が変わった漫画ランキング」の結果を紹介します。さっそく結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:ONE PIECE(ワンピース)

出典:Amazon.co.jp
ONE PIECE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)"

ONE PIECE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

尾田栄一郎
460円(08/12 09:13時点)
発売日: 1997/12/24
Amazonの情報を掲載しています

 第2位には同率で2作がランクイン。まず1作目は『ONE PIECE』です。1997年から『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画で、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定されている大ヒット作品。2022年6月27日からの1カ月間の休載が発表され、休載後はなんといよいよ最終章に突入することが明らかとなっています。

 海賊王を目指すルフィとその仲間たちの果てしない冒険の中で、さまざまな出会いや別れ、仲間同士の絆を確かめ合う場面など、読者の胸を打った名シーン・名セリフがたくさんありましたよね。

 作品を選んだ理由には「人を信じることの大切さや強さを感じることができる漫画だと思います」「くじけそうな時や苦しい時にワンピースででてきた言葉を思い出して頑張れるから」などの声が寄せられていました。

advertisement

第2位:進撃の巨人

出典:Amazon.co.jp

 同率2位のもう1作は『進撃の巨人』でした。諌山創さんによって『別冊少年マガジン』にて連載された、人間と巨人との戦いを描いたダークファンタジー。2013年からはテレビアニメもスタートし、空前の大ヒットとなった作品です。

 最初期から張り巡らされた数々の伏線の回収も読者の度肝を抜きましたよね。2021年4月にはついに物語が完結。終盤の衝撃的な展開を見届け、キャラクターたちに思いをはせた人も多いのではないでしょうか。

 作品を選んだ理由には「漫画の見方が変わった、かつ世間の見え方を知った漫画です」「普通の毎日や、命・周りの人達を大切にしようと思わせてくれました」との声が寄せられていました。

advertisement

第1位:SLAM DUNK(スラムダンク)

出典:Amazon.co.jp

 そして第1位は『SLAM DUNK』でした! 『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1996年まで連載された『SLAM DUNK』。高校のバスケ部にひょんなことから素人ながら入部した主人公・桜木花道が、仲間やライバルたちとの出会いの中で、徐々にバスケットマンとしての才能を開花させていくスポーツ漫画の金字塔です。2022年秋には新作アニメ映画の公開が予定されており、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

 はじめは自分をバスケ部に誘った赤木晴子が目当てだった花道が、練習を重ね、試合での悔しい経験などを経て、心から「バスケットが大好き」だと言えるまでに成長していく姿が多くの人を魅了。またチームメイトそれぞれのバスケや全国大会に懸ける思い、手に汗握る試合展開なども魅力です。「左手はそえるだけ」「バスケがしたいです……」など、数多くの名セリフも残しました。

 作品を選んだ理由には「人生はいつからでもやり直しがきく。安西先生の諦めたらそこで試合終了ですを心に刻み、くじけそうになったら漫画を読む」「自分に正直に生きる事を教えてくれた作品です」との声が寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.