メディア

【関東在住者が選ぶ】「海外への就職に有利だと思う大学」ランキングTOP16! 1位は「東京大学」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、関東在住者を対象に「海外への就職に有利だと思う大学はどこですか?」というアンケートを実施しました。

 関東地方に住む人から海外で就職するのに有利だと思われている大学はどこだったのでしょうか。それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:上智大学

画像:上智大学

 第2位は得票率13.6%の上智大学でした。

 ローマ・カトリック教会に所属する男子修道会「イエズス会」が設立母体となる上智大学は、1913年に設立されました。2019年度の上智大学からの留学者数は1006人、外国語で実施されている授業は874科目、交換留学協定校/学術交流協定校は81カ国の地域で387大学と、グローバル化に対応した教育環境が整っています。

 また、国際機関や外資系企業などを含めたグローバル企業で活躍したい在学生を対象とした、セミナーや各種ガイダンスも実施。実際の専門機関や企業で活躍する社会人や卒業生を招き、仕事の内容や働き方を学ぶことができます。

advertisement

第1位:東京大学

画像:PIXTA

 第1位は得票率36.3%の東京大学でした。

 東京大学は1877年に創設された、日本で最も長い歴史を持つ大学です。入学後はまず教養学部でリベラル・アーツ教育を受け、自身の適性を見極めたうえで進学する学科を決定するのが特徴。3年生からは後期課程で高度な専門教育に進みます。

 2020年度における学部卒業者の就職状況を見てみると、民間企業では楽天・三菱商事・三菱UFJ銀行がTOP3にランクインしており、次いで第4位にデロイト トーマツ コンサルティングおよびマッキンゼー・アンド・カンパニーといったコンサル企業が名を連ねています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「大学」のアクセスランキング