メディア

「キャリア官僚採用試験」大学別合格者数ランキングTOP36! 1位は「東京大学」【2022年度春データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 人事院から国家公務員採用総合職試験の結果が発表されました。国家公務員試験は明治維新の際、藩閥体制に対する不満に対応するために始まった文官試験試補見習規則を始まりとします。国家公務員試験の総合職試験に合格し、中央省庁に採用される幹部候補生を「キャリア」と呼ぶこともありますよね。

 今回は、2022年度春採用の国家公務員・総合職試験合格者の出身大学をランキング形式で発表します。2022年度の受験者は約1万5000人、合格者は1873人で8.2倍の倍率でした。また、女性合格者が史上最多の573人となっています。それでは、ランキングをみてみましょう。

(出典:人事院「2022年度国家公務員採用総合職試験(春)の合格者発表」

advertisement

第2位:京都大学(130人)

画像:京都大学

 第2位は京都大学です。合格者は130人でした。2021年度の115人から15人増えています。

 京都大学では、国家総合職・国家一般職・地方上級などに対応した公務員講座を学内で実施しており、国家総合職合格のためのサポート体制が充実しています。エリート官僚といえば東大卒というイメージがありますが、京都大学も負けていません。

 京都大学では2012年に採用試験制度が変更されて以降、11年連続、総合職の合格者が100人を超えていますが、ピーク時の2016年、2017年ほど多くありません。

advertisement

第1位:東京大学(217人)

東京大学
画像:東京大学

 第1位は東京大学でした。合格者は217人で、唯一の200人超えです。

 合格者に占める東京大学卒の割合は11.5%と、およそ10人に1人が東大卒となっています。しかし、東大卒の合格者は年々減少しており、2022年度の217人という数字は6年前に比べると半数です。

 「東大の官僚離れ」ともいわれますが、そもそも総合職試験の申込者が減っています。2022年度の申込者は1万5330人で、ピーク時の1996年度の3分の1。背景には学生の仕事に対する価値観や社会全体の働き方が変化したこともあるでしょう。

advertisement

関連動画

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「大学」のアクセスランキング