メディア

「渡辺美里」のシングルで一番好きな楽曲はなに?【2022年版人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本を代表するシンガーソングライターの一人である渡辺美里さん。1985年のデビュー以来、その圧倒的かつパワフルな歌唱力で、現在もなおたくさんの人々に元気や勇気を与えてくれています。2022年10月からは全国ツアー「プレミアムツアー Good Time ’22~’23」の開催も予定されており、楽しみにしているファンも多いことでしょう。

 そこで、ねとらぼ調査隊では今年も「渡辺美里のシングル曲で一番好きな作品は?」 というアンケートを実施します。あなたの思い出の曲や、大好きな曲に投票してください! それでは、まず渡辺さんのシングルから3曲をピックアップして紹介します。

advertisement

My Revolution

出典:Amazon.co.jp
出典:Amazon.co.jp

 渡辺美里さんの代表曲「My Revolution」。1986年に発売された本曲は、ゴールドディスクにもなっていて、さまざまなアーティストがカバーしていることでも知られています。渡辺さんを知らない世代でも、どこかで一度は耳にしているであろう名曲です。

 作詞は川村真澄さんで、作曲は当時デビューしたばかりだった小室哲哉さんが手がけました。発売時から、オリコンチャートで少しずつ順位を上げていった珍しい曲で、8週目で初めて1位に到達。今なお多くの人に支持を受けている、前向きで元気の出るナンバーです。

advertisement

サマータイムブルース

 夏をテーマにした名曲は数多くありますが、「サマータイムブルース」もその一曲。車を運転する人の中には、第三京浜道路を通るときのお供としてこの曲を流しているという人もいるのではないでしょうか。

 夏休みの海で遊んだとき、熱い夏の遊園地で遊んだとき……などなど、さまざまな楽しい青春の思い出がよみがえるようで、夏になると思わず聞きたくなる、そんな楽曲です。

advertisement

いつか きっと

いつか きっと"

いつか きっと

250円(08/19 20:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

 センチメンタルな歌詞と、明るいメロディーが心に染みる「いつか きっと」。この曲は、冬から春先の別れの季節に聞きたくなるという人も多いでしょう。

 特にサビの「いつかきっと自分らしく この街で戦いながら」という部分は、地方から上京した人なら誰もが胸を打たれるフレーズではないでしょうか。歓送迎会のカラオケなどでは、新しく社会人になる方へエールを送る曲として、選曲されることもある楽曲です。

advertisement

まとめ

 ここまで、渡辺美里さんのシングルから3曲を紹介しました。この他にも、「10 years」「BELIEVE」「虹をみたかい」など、渡辺さんの楽曲は心に響く歌声が印象的な作品ばかりです。

 なお、選択肢には、これまでに渡辺さんがリリースしたシングルから、両A面曲や佐野元春さんとのコラボ曲を含む71曲を用意しています。カップリング曲やアルバム収録曲などは含めていませんが、もし選択肢以外に投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄に曲名と投票理由をお書きください。

 また、各楽曲の好きなポイントや、こういうときに聴きたいというシチュエーション、さらにはその曲がリリースされた当時の思い出なども、ぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング